nocopy
みんな金が好き『カウボーイ & エイリアン』
b0181416_1142412.jpg
東京独女スタイルさんのご招待で、同名グラフィックノベルの映画化『カウボーイ & エイリアン』を久しぶりの試写会で観て来ました。ダニエル・クレイグとハリソン・フォードの共演、そして西部劇にエイリアン!という設定で話題ですよね? 1873年、アリゾナの荒野で目覚めたひとりの男ジェイク(ダニエル・クレイグ)は記憶喪失。お腹に傷を負い、手首には見覚えの無い金属の腕輪…。どうにか近くの町に辿り着くとそこは牛の売買で利益を上げるカーネル・ウッドロー・ダラーハイド大佐(ハリソン・フォード)が幅を利かせ、彼の放蕩息子パーシー(ポール・ダノ)が好き勝手やってる町でした。自分の過去や名前すら思い出せないジェイクに話しかける謎の女性エラ(オリヴィア・ワイルド)、そして突然やって来た謎の飛行物体!町を攻撃し、町の人々を攫って飛び去ります。ジェイクが気に喰わないダラーハイドでしたが、息子のパーシーがさらわれた事から2人は協力しさらわれた人たちを探しに向かう事に…。この時代の人も現代の人もUFOを目撃した時のリアクションは変わらないんですね〜。目新しさが無い宇宙人たち…、そして実はハイテク武器だったジェイクの腕輪も、あの時代の人が初めて出会ったにしては適応するの早すぎじゃ…。ちょっとだけダニエル・クレイグ目当てで観たこの映画、カーボーイスタイルのダニエル・クレイグはカッコいい!でも、ジェームス・ボンドばりにずーっと眉間にしわを寄せたジェイクに途中、見飽きた感じが…。おまけに久しぶりに観たダニエル・クレイグのお尻にハリが無くなっていたような…(老化?腹筋は相変わらずで、サービスショットあり)。それに比べてハリソン・フォード(69歳)!おいしいキャラを演じ、アクションもこなす!老いた体にムチ打ってた感はあったけれど、ダニエル・クレイグ(43歳)と互角なのは大したもの!(この2人、26歳差!ハリソン・フォードが若いの?ダニエル・クレイグが老けてるの?)何度か会場に失笑が起こり(ジェイクが失った記憶を取り戻すシーンなど)、少々設定の甘さを感じるところはありますが、気楽に楽しめる娯楽作であることは間違いないです。少なくとも「カウボーイ & ヴァンパイア」よりは…。公開は10月22日からです。(2011年公開作品/原題 Cowboys & Aliens)

星は2つ。★★☆☆☆

※保安官の孫を演じた男の子「どっかで観たなぁ」と思ったら『エアベンダー』のノア・リンガーでした!大きくなったねぇ。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-09-30 23:42 | SF
戦え!スコット〜っ!『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』
b0181416_1744242.jpg
カナダのコミックをエドガー・ライト監督が映画化した『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』を早速レンタルして来て観ました〜。日本公開の署名活動にも参加したのに、映画館に観に行けなくて後悔していたこの作品。あ〜、ホントに映画館で観れば良かった…。冴えない22歳の無職青年スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)はバンド「セックス・ボブオム」のベーシスト、GFは中国系の高校生ナイヴズ(エレン・ウォン)、ルームメイトはゲイのウォレス(キーラン・カルキン)。ある日、カラフルヘアの女の子ラモーナ・フラワーズ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れ。彼女に交際を申し込んだ事から、彼女の7人の邪悪な元カレ(&元カノ)を倒す羽目に!ハートが溢れ出し、コインがじゃらじゃら、文字がドーン、トコトンごちゃごちゃした画面。ゲームのピコピコした世界といちいち入る効果音の漫画風の文字。大げさでカラフルで過剰にチカチカしたこの世界観はステキ…。元々マイケル・セラは大好き!マイケル・セラのオタクキャラは萌えます(スコット・ピルグリムはオタクにしては少々リア充過ぎる感もありますが…)。スコットと戦う「邪悪な元カレ軍団」はキャラ濃過ぎの個性的な7人。1人目はインド系のマシュー・パテル(サティヤ・バーバ)、2人目は俳優のルーカス・リー(クリス・エヴァンス)、3人目は「クラッシュ・アット・デーモンヘッド」のベーシストのトッド・イングラム(ブランドン・ラウス)、4人目は元カノ、ロキシー・リクター(メイ・ウィットマン)、5+6人目は日本系の双子カイル・カタヤナギ&ケン・カタヤナギ(斉藤祥太&斉藤慶太←セリフがひと言も無い…)、そして7人目がこの邪悪な元カレ軍団を結成した音楽プリデューサーのギデオン・ゴードン・グレイヴズ(ジェイソン・シュワルツマン)!!そして最後のボスは…。ハチャメチャなストーリーのようですが、実はスコットの成長物語。ラモーナやナイヴズとのロマンスもかなりリアル。いろんな意味で意外にも見どころ満載の映画です!(2011年公開作品/原題 Scott Pilgrim vs. the World)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ

※邪悪な元カレ軍団のポスター
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-09-19 17:04 | COMEDY
みんなのハッピー『バタフライ・エフェクト』
b0181416_1544236.jpg
この映画が好きだって言う人(特に男性)、多いですよね〜。オットが知人に薦められたらしく観てみました『バタフライ・エフェクト』。冒頭の緊迫あるシーンからワクワク。原因不明のブラックアウト(一時的な記憶喪失)を多々経験しているエヴァン(ジョン・パトリック・アメドリ/ローガン・ラーマン/アシュトン・カッチャー)は父親(カラム・キース・レニー)は精神病院に入院しており、母親(メローラ・ウォルターズ)と2人暮らし。近所に住む同級生のレニー(ジェイク・ケーゼ/ケヴィン・シュミット/エルデン・ヘンソン)、ケイリー(サラ・ウィドウズ/アイリーン・ゴロヴァイア/エイミー・スマート)、トミー(キャメロン・ブライト/ジェシー・ジェイムス/ウィリアム・リー・スコット)とは親友です。ある日、学校でエヴァンの描いた絵が問題に。しかしエヴァンはその絵を描いた事を覚えてはいません…。父親から精神の病の遺伝を心配した母親は病院に。そこで精神科医に日記をつけることを薦められます。その後も度々ブラックアウトを経験するエヴァンですが、大きくなるに連れてブラックアウトする経験も少なくなりますが、大学生になり昔の日記を読み返したエヴァンに不思議な事が……。「バタフライ・エフェクト」とは“通常なら無視できると思われるような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象のこと/カオス理論”。「風が吹けば桶屋が儲かる」ってやつですね。設定は面白いのですが、よくよく考えると甘さもチラホラ…。アメリカ映画だから「結局エヴァンが自己犠牲を払ってヒーローに!ってなるんだろうなぁ」と思いながら観ていましたが、結局は大した自己犠牲も払わずに済んだ「みんなハッピー」的な、ぬるいハッピーエンド。ちょっと拍子抜けです。この映画で注目すべきはエイミー・スマート。どん底バージョンのジャンキー・ケイリーから絶頂バージョンのギャル女子大生・ケイリーまで幅広い演技力!彼女のおかげで映画が“ピリッ”と引き締まっています。この映画を観ていて『ファイナル・デスティネーション』シリーズを連想。そうしたら、この映画を監督したエリック・ブレスは『デッドコースター』や『ファイナル・デッドコースター』も監督してた! おまけに、この映画の設定はいくらでも続編が作れそうだなぁ。なんて思ったら、このあと2本も作られて『バタフライ・エフェクト2』『バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択
』がありました…。(2005年公開作品/原題 The Butterfly Effect)

P.S.
エヴァンの子ども時代(7歳時)を演じたローガン・ラーマンは『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』と10月28日から公開される『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のあのローガン・ラーマンだったんですね!

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-09-05 15:43 | SF
4つの家族のクリスマス『フォー・クリスマス』
b0181416_1205534.jpg

カタカナですると分かりにくいタイトル『フォー・クリスマス』。原題は「Four Christmases(4つのクリスマス)」です。クリスマスを舞台にした映画は大好き。この映画もアメリカでは大ヒット。そして撮影時に主演の2人(ヴィンス・ヴォーン×リース・ウィザースプーン)がものすごく険悪だったというというゴシップを聞いた記憶があるので、興味本位で観てみましたが…。サンフランシスコに住むリッチなカップル、ケイト(リース・ウィザースプーン)とブラッド(ヴィンス・ヴォーン)は付き合って3年。毎年、クリスマスシーズンにはお互いの家族に嘘をついて2人でのんびりリゾート地で過ごす事にしています。今年のクリスマスもフィジーに行く予定。しかし、飛行機が霧で欠航。おまけに空港に取材に来たTVカメラに写ってしまった事からお互いの家族に嘘がばれてしまい、ケイトの離婚したパパとママ、ブラッドの離婚したパパとママと4軒の家を訪ねるはめに……。付き合って3年にもなるのに、お互いの家族を紹介しなかったのはとーっても「面倒くさい家族」だったから。怪しい牧師と付き合うケイトのママ(メアリー・スティーンバージェン)、仕事一筋で家族を顧みなかったパパ(ジョン・ヴォイト)、授乳中の姉(クリスティン・チェノウェス)、口の悪いブラッドの父(ロバート・デュヴァル)、アマチュアの格闘家の2人の兄(ジョン・ファヴローとティム・マッグロウ)にブラッドの子ども時代の親友と結婚したママ(シシー・スペイセク)とオモシロ濃いキャラ揃い。そして、いちいちと〜っても面倒くさい。しかしそのことで、久しぶりに家族に会う事で見えて来るもの、知らなかったお互いのこと、そして2人の今後のことを考え始め…と、今まで気楽に付き合って来た2人の関係を見直すきっかけに。しかし、このオモロ濃いキャラ盛りだくさんでも、主演の2人(ヴィンス・ヴォーン×リース・ウィザースプーン)の相性の悪さは隠せず、オチも大して面白く無く、ケイトもあまり魅力的な女性に見えず、共感も出来ず…。良いところは89分という短い上映時間ぐらいかね…。(2008年米公開作品-日本未公開/原題 Four Christmases)

星は1つ。★☆☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-09-02 23:39 | COMEDY
どうせ食べるなら知っておいた方がいいこと『いのちの食べかた』
b0181416_16394020.jpg
またしても、たまたまやっていたのを何となく観始めたら最後まで観てしまった『いのちの食べかた』。この映画が話題になっていたのは知っていたのですが、こんな映画だったとは!実はドキュメンタリー映画ってあんまり観ません。特に社会的なものは。なぜならドキュメンタリーは真実だけれど、やっぱり映画であり人が製作したものだから、誰かの思想がそこには反映されいて、その意見を押し付けられることには何となく違和感が。でもこの映画を観始めてビックリ!いっさいの音楽、ナレーションがありません。この映画が描くのは「植物がどうやって食べ物になるか?」「生き物がどうやって食べ物になるか?」そして「その現場で働いている人が食事を取るシーン」、それだけ!何もジャッジしないし、何のエクスキューズもありません。ただただ現実を見せる、そして見た人に考えさせる、すごい映画!出て来る食べものは、鶏肉や卵、豚肉、牛肉、鮭、トマト、リンゴ、アスパラ、岩塩などなど。野菜はともかく、お肉のシーンはちょっと衝撃的。野菜と同じように扱われるヒヨコやコブタ…。この映画で初めて見たキアニア牛っていう種はとってもマッチョ。不自然な体をしています。そのため自然分娩が難しく、子牛は帝王切開で生ませるんだとか(このシーンも出て来ますが、けっこうワイルド)。でもちょっと調べたらイタリア・トスカーナの名産で高級食材らしいです。なるほど、だから帝王切開なんていう面倒な方法を取ってでも生産するわけですね。屠殺のシーンはある程度想像できていたけれど、すごく機械化されていることにビックリ。ざっくりお腹を切る装置、巨大なチェーンソー、剥いだ皮をクルクルと巻き取る装置…。そして気になる作業する人たち…。フックにかけられやって来るブタの豚足をでかいペンチみたいなので、かったるそうに切り落とす係の女性は、毎日ちょっきん、ちょっきんやってるのか…。毎日大量の血にまみれて働く人の嗅覚は正常なのか…。この映画を観て「もうお肉が食べられないよ〜」って言うのも「もうオーガニック食材しか口にしないっ」って言うのも「そんなの関係ねぇ」って言うのも簡単ですが、知ってしまったからには考えてしまう色んなこと。私たちは生きてるものを食べないと生きていけないわけですから、食べものになった後でもなる前でも、敬意を払い感謝しなくては。でも音楽が無いと、ちょっと眠くなっちゃうのも事実。アスパラのシーン、観た記憶が無い…。(2007年公開作品/原題 Unser täglich Brot 英語題:Our Daily Bread)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-09-01 23:33 | DOCUMENTARY
“境界線”を越える『シリアの花嫁』
b0181416_1657582.jpg
TVでたまたまやっていたのを何となく観始めたら、最後まで観てしまった『シリアの花嫁』。この映画の前に観た同じ結婚式をモチーフにした映画『ブライダル・ウォーズ』と比べると!ああもうっ。舞台はイスラエルとシリアの間に横たわるゴラン高原の小さな村。政治活動に熱心なハメッド(マクラム・J・フーリ)の末娘のモナ(クララ・フーリ)は今日、シリアのコメディ俳優タレル(ディラール・スリマン)に嫁ぎます。モナは姉のアマル(ヒアム・アッバス)らと結婚式の準備を。ロシア人の妻を持ったことで父親から勘当されていた長男のハテム(エヤド・シェティ)や、ビジネスマンの次男マルワン(アシュラフ・バルホウム)も実家に戻って来ます。でも、モナはどうも幸せそうではありません。会った事も無い男性に嫁ぐ不安だけで無く、イスラエル領にあるモナの村から嫁ぐシリア側へ1歩入ってしまったら、もう2度と故郷には帰れず、家族にも会えないのです……。イスラエルの映画を観たのはおそらく初めて。国際事情に疎い私は始めはモナの状況がよく分からず。映画を観ながらiPhoneで中東情勢について検索しながら観てしまいました(ゴラン高原には今でも自衛隊が国際平和協力ために滞在してるんですね)。しばらく会っていなかった親族が集まり、色々な問題が露呈するといった結婚式を舞台にした映画はたくさんありますが、個々が抱える問題の複雑さという点ではこの映画は突出しています。映画のタイトルは『シリアの花嫁』ですが、この映画の主人公はアマル。女性の地位が低く、自分らしく生きる事ができない社会に不満を持ち、妹のモナと自分の娘たちに「自分のような人生を送って欲しく無い」と強く願うアマルのお話です。テーマはシリアスですが“境界線”のドタバタや、いかがわしいマルワンのユーモラスなシーンも。もう2度と会うことのない姉妹が、それぞれの道をしっかりと歩き始めるラストシーンがとっても印象的。アマルとはアラビア語で“希望”という意味だそうです。(2009年公開作品/原題 The Syrian Bride)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-08-22 23:57 | DRAMA
夢の花嫁を目指して『ブライダル・ウォーズ』
b0181416_16471057.jpg
ケイト・ハドソン×アン・ハサウェイ主演で日本では未公開だった『ブライダル・ウォーズ』。日本で公開されても魅きはありそうな2人なのにね。でも観ると未公開の理由が分かるような…。やり手の弁護士でブロンドのリヴ(ケイト・ハドソン)と小学校の先生でダークヘアのエマ(アン・ハサウェイ)は幼なじみ。子供の頃にお互いのママと一緒に行った、NYのプラザホテルで美しい花嫁さんを見かけた2人は「プラザホテルでステキな結婚式を挙げる」という夢を膨らませます。成長しても2人は大親友。ところが、偶然にも2人同時期に結婚する事に。2人は早速一緒に憧れのウエディングプランナー、マリオン・St・クレア(キャンディス・バーゲン)の元に駆け込みプラザホテルを予約。憧れの結婚式を目指して準備を始めますが、なんとマリオンのアシスタントの手違いで2人の式はダブルブッキング!どちらかが日取りを改めることを薦められますが、夢のジューンブライドを絶対に叶えたいリヴとエマは結婚式を巡ってバトルに……。女子2人の友情ストーリー。まぁ、ありきたりなストーリーです。それでもNYを舞台に、華やかな女子2人のドタバタや、ケイト・ハドソンとアン・ハサウェイのチャーミングさで女子は観ていられるかも(男子はちょっと堪え難いかもね…)。あと、さすがに長年結婚式に憧れ、プランを練りに練って来た2人の結婚式が描かれているだけに、これから結婚式を控えている人にはいいヒントがありそう。ヴィラ・ウォンのドレスはステキー。(2009年米公開作品-日本未公開/原題 Bride Wars)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-08-18 23:46 | COMEDY
GET FREEDOM! GIRL POWER!『エンジェル ウォーズ』
b0181416_117765.jpg
映画館で観られなかった『エンジェル ウォーズ』。あ〜、映画館で見れば良かったと激しく後悔。久しぶりにすっごくワクワクさせられた映画でした。この世界観、大好き!ザック・スナイダーのガール版『300〈スリーハンドレッド〉』、私のBEST映画10に入ります(たぶん)!母親を亡くしたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は悪い継父(ジェラルド・プランケット)から妹を守ろうとするも、誤って殺してしまいます。義理の娘を厄介払いしたい継父はベイビードールをベラ・ゴルスキー博士(カーラ・グギノ)の精神医療施設レノックス・ハウスへ。そして過酷な現実と向き合う為にベイビードールは空想の世界に逃げ込みます。そこにはベイビードールを導くワイズマン(スコット・グレン)がおり、同じ施設にいるロケット(ジェナ・マローン)、スイートピー(アビー・コーニッシュ)、ブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)、アンバー(ジェイミー・チャン)らと自由のために戦うことに……。初っぱなから、ビョークの「Army of Me」をバックにセーラー服に日本刀、携帯ストラップみたいなチャームがじゃらじゃらついた拳銃をぶっ放すベイビードールに惚れた!チュッパチャップスを舐めながらデッカいヘリコプターやロボットを操縦し、機関銃をぶっ放すガールズたちはみんなとってもカッコ良くて、チャーミング。何も考えずににキャーキャーと彼女たちの戦闘シーンや、ラメラメのメイク、クールからキラキラな衣装だけでも充分楽しめますが、あのドラゴンが象徴する物とは…あの電車はどこからどこへ向かっていたのか…と観終わってからじわじわと考えさせられる深いメッセージも。画面の角から角まで完璧に作られた世界観!音楽もカッコいい!ハッピーエンドで終わる観終わって「スッキリ〜」という映画ではありませんが、この映画の持つメッセージや逆境に負けない彼女たちの姿にグッとさせられます。余談ですが、主人公のベイビードール役を始めにオファーしたのは『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・サイフリッドだったらしい!ううむ、アマンダ・サイフリッドのツインテールはちょっと見たく無いかも…。(2011年公開作品/原題 Sucker Punch)

星は5つ。★★★★★

にほんブログ村 映画ブログへ

※今とっても欲しいもの >>
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-08-15 23:15 | ACTION
へっぴり腰な『魔法使いの弟子』
b0181416_13213164.jpg
ニコラス・ケイジが濃い〜魔法使いを演じた『魔法使いの弟子』。その弟子を『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』や『ファンボーイズ』に出演していたジェイ・バルチェルが演じています。大学で物理学を学ぶサエない男子学生デイヴ(ジェイ・バルチェル)は、小学生の時の遠足で訪れた地でひょんな事から骨董屋に迷い込みます。そこで出会ったのが魔法使いのバルサザール(ニコラス・ケイジ)。バルサザールは偉大な魔法使いマリーン(ジェームズ・A・スティーヴンズ)の弟子。ホルヴァート(アルフレッド・モリーナ)、ヴェロニカ(モニカ・ベルッチ)とは兄弟弟子でしたがホルヴァートが裏切り、悪い魔法使いモルガナ(アリス・グリーク)に付いたことでマリーンは殺害され、ヴェロニカはホルヴァートとモルガナと共に“魔法の監獄(大きいマトリョーシカ)”に封じ込められてしまいます。それから、バルサザールは1000年もマリーンの後継者を探し続けています。そんなバルサザールにマリーンの後継者とされたデイヴはまたしてもひょんな事からホルヴァートの封印を解いてしまい、今度はバルサザールがホルヴァート共に“魔法の監獄”に。しかし10年後に再会したバルサザールと共にデイヴは魔法使いになる為の修行を始めます……。ストーリーはうーん。でもチャイナタウン、バッテリーパーク、タイムズ・スクエアなどNYCを舞台にした迫力ある魔法戦争は楽しめます。クライスラー・ビルのワシやウォールストリートの牛が動いたり!私はオタク男子キャラが好きなのでデイヴみたいな男子は大好きー。でもこのキャラ、なんだか『トランスフォーマー』シリーズのサムとかぶるよね?始めは頼りないへっぴり腰なモテない男子が、たくましく(?)なって美人なおネエちゃんをGETするっていう…。きっと、これがモテない男子のファンタジーなのね。(2010年公開作品/原題 The Sorcerer's Apprentice)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-08-07 23:21 | FANTASY
さようなら、スネイプ先生『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
b0181416_13154778.jpg
これで最後!の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』。前作のおさらいもせずに観に行ったので始めは「ええと、この人たち何していたんだっけ?」な状態に…。打倒ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)に向けて行動しているハリー(ダニエル・ラドクリフ)、ロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)。打倒ヴォルデモートのカギとなる6つ分霊箱の最後の3つを探して旅を続けています。4つめの分霊箱を破壊し5つめの分霊箱である「ロウェナ・レイブンクローの首飾り」がホグワーツ魔法学校にあることが分かった3人は久しぶりにホグワーツ魔法学校へ。ダンブルドア亡き後に校長に就任したスネイプ(アラン・リックマン)に支配されているホグワーツ魔法学校に無事に潜入することに成功した3人ですが、そこにヴォルデモードが率いる大群がホグワーツ魔法学校に居るハリーを引き渡せと侵攻。そこでついに、先生、生徒ともに力を合わせホグワーツ魔法学校を舞台に最終決戦が始まります……。観終わってまず思ったことは「やっと終わったー!」。シリーズ半ばまでは原作を読んでいたので、「原作がどのように映像化されているか?」という部分でも楽しめていたのですが、ここ数作はそれが無く「ここまで観たんだから、最後まで観ねば!」で観ていたこのシリーズ。基本、この映画は原作を読んでないと楽しみが3割減だと思います。でも3人の成長した姿を観るのが最後だと思うとちょっと感慨深いものも…。最後の成長し、それぞれの子どももまたホグワーツ魔法学校に…というシーンは白々しく感じてしまいましたが、最終回としてはスネイプ先生の一途な想いや本心が描かれたことで、「スネイプ先生ってホントはイイ人だったのねー」も加わり、ハッピーエンドで良かったのでは?まずは「みんなお疲れさま!」って感じですかね(ここまで観続けた自分にも)。(2011年公開作品/原題 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
# by aiko_kiz | 2011-08-06 23:15 | FANTASY



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧