nocopy
タイプライターの音が刻む姉妹の悲劇『つぐない』
b0181416_2022444.jpg

しばらく「モンティ・パイソン」に浸りたかったのですが、レンタルビデオ屋さんにはDVDが無く、注文したDVDもまだ届かず…おまけに新しい問題が発生。我が家では地元のケーブルチャンネルに入っていて、HDR(ハードディスクレコーダー)の付いた機械(これって、なんて言うのかな?)を借りています。最近はケーブルチャンネルやBSで放送されて気になった映画を、片っ端からHDRに録画して観ています。HDRには容量があるので「観たら→消す」の繰り返し。それなのに最近、新たにスター・チャンネルにまで加入。それもスター・チャンネル ハイビジョンです。ビックリするほど映像がキレイ。でも、ハイビジョンで録画した映画はものすごく容量を食います。今よりハイペースで映画を観ないと、次の映画が録画できない…あぁ(ま、あきらめて録画しなきゃいいんだけど)。そんな、ものすごいキレイな映像で観た映画、第1弾が『つぐない』。原作はイアン・マキューアンの『贖罪』です。監督は『プライドと偏見』のジョー・ライト。キーラ・ナイトレイとは2回目のコンビです。キーラ演じる姉セシーリアと、シアーシャ・ローナン演じる妹ブライオニーの良家の姉妹の物語。姉妹という同性だけに生まれる対抗心や嫉妬心、憧憬の念などが細やかに描かれています。全体的に風景も美しくて、おまけにさすがハイビジョン! イギリスの田園風景や館の豪華な内装、キーラの腕の産毛もクッキリ美しい。窓から差す日の光もやわらかに見えます。思春期の妹は「女にありがちな思い込み」+「嫉妬心」による証言をしてしまい、姉の恋人を刑務所送りにしてしまいます(姉の恋人ロビー演じるジェームズ・“タムナス”・マカヴォイの青い瞳もキレイ)。その後も戦争に翻弄される姉妹。ただの時代ものだと思っていましたが、これは子供の頃から文才があり小説家となった妹の回想録です。妹の嘘で恋人と引き離された姉も気の毒ですが、人生の大半をこんな重荷を背負って生きて行かなければならなかった妹も気の毒。でも元を正せば、人に手紙を送る際に中身を確認しないロビーが「不注意すぎ」ってことなんですけどね。(2008年公開作品/原題 Atonement)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-05-26 20:34 | DRAMA
<< キーラ・ナイトレイ × ジョー... ダイヤを巡って大騒ぎ『ワンダと... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧