nocopy
暑い室内、熱い議論『十二人の怒れる男』
b0181416_22153473.jpg

法廷映画の最高傑作と呼ばれるシドニー・ルメット監督作『十二人の怒れる男』。私の苦手な白黒映画ですが、ストーリーと相まってむしろ白黒だからこその世界観が。スラム育ちの18歳の少年の父親刺殺事件の裁判の陪審員に選ばれた、年齢も職業もバックグラウンドも違い、それぞれの価値観や人生観や悩みを持つ12人の男たち。名前ではなく陪審員番号で呼ばれます。「有罪=電気椅子」となる事件の評決が出るまでの議論。ほとんどそれだけの96分です。法廷に提出された証拠や証言から考えると、どうみても有罪だと思われていた事件ですが、陪審員8番(ヘンリー・フォンダ)の「疑問」から有罪だと確信していた人たちの心もぐらつき始めます。始めは有罪11人 対 無罪1人だったのが、陪審員8番の論理的な意見に無罪に票を入れる人が1人増え、2人増え…テレビの前で私も白熱。選ばれた陪審員が全て白人の男性というところに時代を感じますが、公開から50年経った今観ても議論の行く末に引き込まれ、考えさせられ、単純に面白い作品です。陪審員制度が始まった日本。是非ご覧になることをオススメいたします。「疑問の余地があれば無罪」(1959年公開作品/原題 12 Angry Men)

星は4つ。★★★★☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-06-18 22:19 | DRAMA
<< ウソっばち万歳!な、おとぎばな... ペネロペ、ペネロペ『それでも恋... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧