nocopy
ハロルドと腕時計とクッキー『主人公は僕だった』
b0181416_23221234.jpg

日本での人気はイマイチのコメディアン、ウィル・フェレルの主演作『主人公は僕だった』。なんとも不思議なストーリーの映画です。観た後の「ほんわか感」が何かの映画を観た後と似ている!と、思ったら、『エターナルサンシャイン』でした。コメディアンがシリアスに演技をしているところ、非現実的なストーリー、そしてゴージャスとは言いがたいけどチャーミングなGFが出て来るところ…など、なんだか雰囲気が似ている映画だな。と、思いました。国税局の検査官のハロルド(ウィル・フェレル)の頭の中は数字と計算でいっぱい。毎日、規則正しく質素に生きています。ある日、そんなハロルドの頭の中にだけ「声」が聞こえ始めます。自分の行動を説明する女性の声。声の主はスランプ中の女性小説家カレン・アイフル(エマ・トンプソン)。ハロルドは、アイフルの書く新作小説の主人公だった!というなんとも不思議なおはなし。ウィル・フェレル演じるハロルドは「円らな瞳」がかわいらしく、相手役のタトゥーだらけのお菓子屋さん、アナ・パスカル(マギー・ギレンホール)はとてもチャーミング。この2人、なんだかいつまでも観ていたくなるようないい雰囲気のカップルです。脚本はこの映画の後に、『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』で監督デビューもした、ザック・ヘルム。『マゴリアムおじさん〜』は子供向けのファンタジーでしたが、こちらは大人向けのファンタジーといったところ。『マゴリアムおじさん〜』もおもちゃ屋さんの内装、おじさんが暮らす部屋やモリーの部屋のインテリアがステキでしたが、この映画も登場人物の部屋がステキ。ハロルドのシンプルな部屋、宇宙飛行士になりたかった同僚デイヴのスペーシーな部屋やアナのアンティークな雰囲気の部屋のインテリアがステキです。エンディングもステキ。映像的にもカッコいい映画でした。それから、ハロルドが一人で映画を観に行く映画館では『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』が上映中!(2007年公開作品/原題 Stranger Than Fiction)

星は5つ。★★★★★
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-07 23:25 | DRAMA
<< I like this mo... 2009年上半期/映画のまとめ >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧