nocopy
恐怖の暴走車と怒れる女子の対決!『デス・プルーフ in グラインドハウス』
b0181416_16251820.jpg

ロドリゲス監督の方(『プラネット・テラー in グラインドハウス』)は観てたのだけれど、タランティーノ監督の方は観てなかった『デス・プルーフ in グラインドハウス』。カワイコちゃんたちを耐死仕様(デス・プルーフ)にした車で追いかけ回し、衝突して殺すシリアルキラーのスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の恐怖の暴走車のおはなし。テキサスのオースティンでは、狙ったラジオDJのジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)、シャナ(ジョーダン・ラッド)、アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)の仲良し3人組と、家まで送ってあげることになったパム(ローズ・マッゴーワン)の殺害には成功するも、次は狙った相手が悪かった…。映画関係の仕事をする仲良し4人組、メイク係のアビー(ロザリオ・ドーソン)、女優のリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、スタントのキム(トレイシー・トムズ)と同じくスタントでニュージーランド人のゾーイ(ゾーイ・ベル)。キムはいつもピストルを身につけておく程に自衛心が強くてドライビングテクニックもあり、ゾーイは猫並みに身体能力が高い。この2人を狙った事がスタントマン・マイクの大誤算。このゾーイ役のゾーイ・ベルは『キル・ビル』の撮影時にウマ・サーマンのスタントをしていた裏方の女性。タランティーノ監督が気に入って、晴れて表舞台へのデビューとなったみたいです。フィルムにダメージの加工があったり、途中で急に白黒になっちゃったり、雑音が入ったりと細かいところまで気を使った70年代のB級映画感が溢れる映像。それなのに普通に携帯電話やipodが出てきたりするのも面白い。黄色に黒いラインのマスタングやリーの黄色いチアガールの衣装、アビーの携帯の着メロなど『キル・ビル』を思い起こさせる小物も多数。それからタランティーノ監督の70年代のカー・アクション映画への愛がいっぱい感じられる映画です(『バニシング・ポイント』は観たことないけど)。最後の女子たちの逆襲には「爽快!」な気分に。(2007年公開作品/原題 Death Proof)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-09 16:28 | ACTION
<< 猟銃が招いた負の連鎖『バベル』 おバカなコメディと侮るなかれ『... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧