nocopy
猟銃が招いた負の連鎖『バベル』
b0181416_17373511.jpg

重苦しそうなので、観る気がしなかった『バベル』。最近、あまり重い映画は観ていないのでそろそろ観よっかな、と観てみました。『21グラム』で号泣させられた、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の結構な賛否両論ある作品です。人種や言語の違いからだけではなく起こりうる人と人との「コミュニケーションの難しさ」や「目に見えない境界線」がテーマな映画だそう。中心になる人物は、アメリカ人のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)の夫婦と彼らの2人の子ども(女の子は妹ファニング)たち、その子どもたちのメキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラッザ)、モロッコ人のユシフとアーメッドのヤギ飼いの兄弟、ハンティングが趣味だった日本人のヤスジロウ(役所広司)と聴覚障害を持つ娘のチエコ(菊地凛子)。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本と4つの場所だけならず、時系列も飛び越えて物語は進みます。子供らしい争いで観光バスを撃ってしまった兄弟。一番下の子供を亡くし溝が深まった夫婦。何としても息子の結婚式に出席したかった乳母。母を亡くし愛を乞う女子高生。それぞれの思いで行動する人たち。何の関連も無さそうだった遠く離れた場所の出来事が最後に繋がりを持ちます。やっぱり注目しちゃうのは、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子。全裸や下着ナシのスカートの中身を見せるシーンは「あっぱれ」ですが、あれが無くても印象的ではあります。思春期で、それだけでも人生の大変な時期なのに、聴覚障害を抱え、母親を自殺で亡くし、父親と分かり合えないチエコは痛々しい…。でも日本人目線で見ちゃうと、高校生がサントリーのウイスキー?とか、あんなに短いスカートで、男の子にもオシャレにも興味ありそうなのにスッピンなの?(化粧っ気がなさ過ぎではない?)とか、高校生が行くクラブでEarth, Wind & Fireなの?とか、それよりモロッコで日本人が狩猟??とか変なツッコミ入れたくなっちゃいますが…(まぁ最近の女子高生事情に詳しくはありませんが…)。これでもかと人間の愚かさ(特に大人の)を描きながらも、最後には希望も見いだせるこの映画。タイトルの『バベル』とは旧約聖書の「創世記」中に登場する町の名前。この聖書の背景を知ってても知らなくても、考えさせられる映画ではあります。でも、1度観ただけじゃ監督の意図するところは理解出来なそう。でも上映時間は長いし、やっぱり重いので2回観るのはちょっとツライかな。話は変わりますが、菊地凛子のハリウッド出演作第2弾の『THE BROTHERS BLOOM』って、いったいいつになったら日本公開されるんですかね?(2007年公開作品/原題 Babel)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-10 17:40 | DRAMA
<< 幽霊とは何か?『デビルズ・バッ... 恐怖の暴走車と怒れる女子の対決... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧