nocopy
ちょっとハードボイルド過ぎました『ミラーズ・クロッシング』
b0181416_16141864.jpg

ファーゴ』より前のコーエン兄弟が製作した映画『ミラーズ・クロッシング』。禁酒法の時代を舞台にしたハードボイルドなギャング映画です。アイルランド系マフィアのボス、レオ(アルバート・フィニー)とイタリア系マフィアのボス、キャスパー(ジョン・ポリト)の間で立ち回る、切れ者のトニー(ガブリエル・バーン)がクールでカッコいい。レオの情婦で妖艶なヴァーナにマーシャ・ゲイ・ハーデン、ヴァーナの弟のバーニーにジョン・タトゥーロ、バーニーの“友達”ミンクにスティーヴ・ブシェミ、もちろんフランシス・マクドーマンドもちょい役で出演しています。殴られっぱなしで腕力は弱そうなトニー、ギャンブル好きで借金まみれだけどボスからお金は借りないトニー、レオを裏切ってキャスパーに寝返ったと思わせておきながらキャスパーを退治した後もレオの元には戻らないトニー、「男の美学」を持つ男です。コーエン兄弟の作品らしく、森の中で帽子が風に飛ばされて行く情景や激しい銃撃戦などの映像はすごくスタイリッシュだし、騙し騙されながら進むストーリーもスリリング、出演している俳優陣も個性的で渋い映画だと思いますが、ちょっと私にはハードボイルド過ぎるかも。唯一の女子、マーシャ・ゲイ・ハーデンは妖艶にヴァーナを演じてはいますが、見た目がちょっとゴツ過ぎる…、アホな弟をひたすら庇う姿勢にもあまり共感出来ず…。「ハードボイルドな男の世界」の中でなんだか「ぽつん」と取り残されてしまいました。(1991年公開作品/原題 Miller's Crossing)

星は2つ。★★☆☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-14 16:16 | DRAMA
<< 狂気を誘うホーンテッド・ホテル... 幽霊とは何か?『デビルズ・バッ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧