nocopy
いい人間になりたくなった『恋愛小説家』
b0181416_20233332.jpg

いつも憎まれ口を叩き偏見持ちで毒舌で潔癖性で…とにかくイヤな男の小説家のメルヴィン(ジャック・ニコルソン)と、病気がちな息子を抱えるシングルマザーのウェイトレスのキャロル(ヘレン・ハント)の大人のロマンス『恋愛小説家』。この映画で主役2人は1997年のアカデミー主演男優賞と主演女優賞を受賞しています。実際は偏屈でイヤな男なのに女性の心理描写が優れた小説を書くメルヴィン、いつも住んでいる高級アパートの廊下で粗相をする隣人のゲイの画家サイモン(グレッグ・キニア)の愛犬バーデル(ブリュッセル・グリフォン)に腹を立ててガーベッジシューターに投げ入れたことから、規則正しい毎日に「ほころび」が出始めます。絵のモデルにした若い男の仲間に泥棒に入られ、暴行され重傷を負い入院したサイモン。メルヴィンはサイモンを担当するアートディーラー(キューバ・グッディング・Jr)に入院中にバーデルを預かるよう押し付けられます。不細工な犬など大嫌いなメルヴィンでしたが、散歩中にバーデルが自分と同じ様に道路の継ぎ目を踏まずに歩くことに気づいてからメルヴィンとバーデルの間に友情が芽生え始めます。部屋でメルヴィンがバーデルにピアノを弾きながら聞かせる歌はモンティ・パイソンの映画『モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン』の挿入歌「Always Look on the Bright Side of Life」(この歌大好き)!! サイモンが退院してバーデルを返す別れのシーンでは、バーデルも目がウルウルしていてカワイイ(でも、こんなに他人に懐かれたら飼い主は相当凹みます…)。このバーデルや、医療費と展覧会の失敗で破産してどん底の隣人サイモンや、いつも給仕をしてくれる行きつけのレストランのウェイトレスのキャロルの影響で、メルヴィンはちょっとずつ「いい人」になって行きます。前髪が後退した強面の中年男性と生活に疲れた女の地味なロマンスだけど、台詞が面白くて、観た後にちょっと「いい気分」になれる映画です。とにかくバーデルがカワイイ!(1998年公開作品/原題 As Good as It Gets)

星は4つ。★★★★☆

ここでは『恋愛小説家』のシーンと共に「Always Look on the Bright Side of Life」が聞けます。
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-21 20:30 | ROMANCE
<< 暴走した愛犬家『ラブ・ザ・ドッ... ダークな世界観とラブストーリー... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧