nocopy
ラースとリアル・ドール社製のビアンカ『ラースと、その彼女』
b0181416_22311947.jpg

初めてトレーラーを観た時から気になっていた『ラースと、その彼女』をやっと観ました。キテレツな設定なのに、笑いあり涙ありのハートウォーミングなお話。主人公のラースがとても愛おしくなります。片田舎に住む、27歳、GF無し、人間嫌いのラース(ライアン・ゴズリング)は、兄のガス(ポール・シュナイダー)とその妻カリン(エミリー・モーティマー)が暮らす実家の離れのガレージで一人暮らし。友達もナシ、毎日会社と自宅の往復。そんなラースのことをカリンは気にかけて、いろいろと行動を起こしますが全く効果無し。そんなある日、珍しく母屋に訪ねて来たラースは兄夫婦に、友人が来ているので部屋に泊めて欲しいと頼みます。あのラースが友達を連れて来る!それも女性!と兄夫婦は喜びますが、なんと連れて来たのはリアル・ドール(いわゆるダッチワイフのリアル版)…。彼女の名はビアンカ。スーツケースを空港で盗まれて…。と楽しそうに話すラースに兄夫婦は言葉を無くします。困惑する2人は取りあえずラースを連れて病院へ。そこで、主治医のバーマン医師(パトリシア・クラークソン)に診てもらうと「ビアンカはラースに必要だから現れたのだから、ラースに話しを合わせるように」と言われます。「ついに弟がイカレちまった!」と悲しむガス。戸惑いながらもラースに話しを合わせるカリン。町の人にもラースに話しを合わせてもらうように頼みます。周りの冷たい視線もおかまい無しで、愛するビアンカと楽しそうに出かけるラース。しかし、ラースはビアンカを介して兄夫婦とも会話が増え、長い間あった兄弟の確執も雪解けムードに。なによりラースは町の人みんなに愛されていることに気付き始め、変化が現れます。いろいろなモノを一人で抱え過ぎたラースが生んだビアンカ。彼女はラースを良い方向に導く為に現れた「道しるべ」だったのでした。ただの人形なのに、ラースと一緒にいるとビアンカは表情豊かで、人格があるように見え始めます。このキテレツな設定なお話を心温まるファンタジーにしたのはステキな出演者たち。ラースを置いて父親から逃げたことを気にしていたガス、なんとかラースを理解したいと頑張る妊娠中のカレン、ラースに片思いをするマーゴ(ケリ・ガーナー)、温かく手を差し伸べるバーマン医師、それからラースと同じ教会に通う人々、ラースの同僚たち。みんな素朴でいい人たち。そして何と言っても、ラースを演じたライアン・ゴズリングが素晴らしい! とても繊細な演技を見せます。それからビアンカも。前半は大笑い、後半はしんみりさせてくれるとてもステキな映画です。(2008年公開作品/原題 Lars and the Real Girl)

星は4つ。★★★★☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-09-14 22:32 | DRAMA
<< 最近買った映画関連の本たち 01 #15 ステキな「映画のTi... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧