nocopy
ピーターパンが生まれるまで『ネバーランド』
b0181416_124117.jpg

劇作家で童話作家でもあるジェームス・マシュー・バリーが世界的に有名な童話「ピーター・パン」を生み出すまでを実話に基づいて描いた『ネバーランド』。ジェームスと子どもたちのイマジネーションの世界が色鮮やかなステキな映画。主人公のジェームスをジョニー・デップが好演しています。劇作家であるジェームス(ジョニー・デップ)は新作の公演に失敗し、妻メアリー(ラダ・ミッチェル)ともあまり上手くいっていない様子。酷評された公演の次の日、ジェームスは愛犬ポルトスを連れていつものようにケンジントン公園へ。そこで、遊び盛りの少年たちに出会います。少年たちは、母親シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)に連れられて公園に来ていた長男のジョージ(ニック・ラウド)、次男のジャック(ジョー・プロスペロ)、三男のピーター(フレディ・ハイモア)、末っ子マイケル(ルーク・スピル)の4兄弟のデービス一家。父親を癌で亡くした兄弟はそれぞれに心の傷を負っていました。特に繊細な三男のピーターの心の傷は深く…。そんなデービス一家と交流を深め、この兄弟との遊びを通して大きなインスピレーションを受けるジェームス。この兄弟をモチーフに新しい脚本を書き始めます。家庭よりもデービス一家との時間を大事にするジェームスを快く思わないメアリーと、病に蝕まれるシルヴィアの間でジェームスは新作「ピーターパン」を書き上げ、公演を成功させます。ジェームスと子どもたちが遊ぶ中で、現実と空想が折り重なるシーンがとてもステキ。特にケンジントン公園で、クマを夢見るポルトスとジェームスがダンスを踊るシーンがお気に入りです。サーカスにウェスタンに海賊船に…とキラキラした空想の世界。そんな楽しい空想の世界と、父親の病死や母親の病気と向き合う厳しい現実の世界…。監督は私の私の大好きな映画『主人公は僕だった』も撮ったマーク・フォースターです。最近では原作を読んで号泣した『君のためなら千回でも』や『007/慰めの報酬』なんかも撮っています。この監督の映画はジャンルは違えど、どの映画にも独特な「繊細な空気感」があるような気がします。(2005年公開作品/原題 Finding Neverland)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-09-28 23:01 | DRAMA
<< ブルース男とパンツ一丁女の鎖引... #20 ステキな「映画のTit... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧