nocopy
“創造物”に固執する老人と“予知夢”を見る子供たち『マイノリティ・リポート』
b0181416_0252416.jpg

映画『ブレードランナー』『トータル・リコール』『スキャナー・ダークリー』の原作者であるフィリップ・K・ディック。彼のSF小説「少数報告」が原作の『マイノリティ・リポート』はトム・クルーズがあまり好きじゃないので、観るのを先送りしていましたがBSでやっていたので鑑賞。時は2054年、アメリカ・ワシントンDCでは増え続ける殺人事件の解決法として「犯罪予防局」を設立。「犯罪予防局」では“プリコグ”と呼ばれる予知能力のある3人の若者の予知夢を映像化し、事件を未然に防ぐという捜査を実施。そのおかげで6年間殺人事件が起らない社会になっていました。その「犯罪予防局」のチーフとして働くジョン(トム・クルーズ)は表向きは有能な捜査員ですが、裏では6年前に公営のプールで最愛の1人息子ショーンが神隠しにあってからドラッグを使用する毎日。妻のララ(キャサリン・モリス/『コールドケース』のリリィ!)ともこの事件がきっかけで別居しています。そんなある日、司法省から査察官ウィットワー(コリン・ファレル)が送られて来ます。「犯罪予防」に懐疑的なウィットワーはガムをくちゃくちゃ、ジョンにもあからさまな態度を。そんな時、いつものように“プリコグ”が見た予知夢を検証していると、そこには殺人を犯すジョンの姿が…。未殺人者を追う立場から、追われる立場になったジョン。ジョンは自分の信念の為に、“プリコグ”のリーダーであるアガサ(サマンサ・モートン)の助けを借りて、真相解明に走ります…。監督はスティーブン・スピルバーグ、主演はトム・クルーズ、そして音楽はジョン・ウィリアムズと揃った、さすがのビッグ・ バジェットっぷりで「近未来の世界」は、隅から隅まで抜かりないクオリティ。『26世紀青年』のおバカな未来も好きですが、『マイノリティ・リポート』の洗練された未来は出て来る小道具もいちいち面白いです。手につけたグローブで捜査するコンピューター、透明なモニター、前を通る人の名前を呼ぶビルボード(←煩わしい)、絵柄が動くシリアルのパッケージや、ハリポタの「日刊予言者新聞」のように写真が動く新聞などなど、観ていて楽しい。そしてスポンサーも多数ついてると思われます。2054年のジョンはブルガリのデジタル時計を身につけ、レクサスに乗り、GAPでお買い物。都心はいかにも近未来な車が走り、高層ビルが建ち並び、ハイテクを駆使したセキュリティシステムが整っているようですが、下町の庶民の家は現在と大して変わらないのが、なんだかリアリティを感じます。スピルバーグ監督作なのでさすがに楽しめるしストーリーだし、トム・クルーズ主演なので「ある意味」安心して観ていられます。でも、どんでん返しと言ってもこの程度なのね。やっぱり。(2002年公開作品/原題 Minority Report)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-09-30 23:36 | SF
<< #21 ステキな「映画のTit... ブルース男とパンツ一丁女の鎖引... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧