nocopy
「男って…」っていう女子にオススメ『男と女の不都合な真実』
b0181416_17522658.jpg

映画の日に女子3人で『男と女の不都合な真実』鑑賞会を開催。監督は『キューティ・ブロンド』や、この間観た『ウェディング宣言』なども手がけたロバート・ルケティック。若い女性を主人公にした映画が得意なんですかね? 今やアメリカでは女子に嫌われる女優 No.1になってしまったキャサリン・ハイグル(でも私は好き)がキワドい言葉を連発し、キュートな女性を演じています。サクラメントで地元TV局のプロデュサーとして働いているアビー(キャサリン・ハイグル)は未だに男性への幻想を持ち、「白馬の王子」を待ってるタイプ。でも、仕事はデキる女。一生懸命打ち込んでいます。しかし、心血注ぐ担当番組も視聴率はガタ落ち。上司の命令で「数字のために」アビーの番組に出演することになったのは、下品な恋愛コメンテーター、マイク・チャドウェイ(ジェラルド・バトラー)。アビーの幻想をことごとく壊すマイクとアビーは犬猿の仲に。ある日、アビーの家の向かいにセクシーな外科医のコリン(エリック・ウィンター)が引っ越して来ます。コリンこそ彼女の「白馬の王子」だと信じたアビーは、ひょんな事からマイクのアドバイスを受ける事に。そのおかげでコリント付き合うことが出来ましたが…。このポスターを見た瞬間から分かる「で、最後にはキャサリン・ハイグルとジェラルド・バトラーが恋に落ちる訳でしょ?」を、全く裏切りません。分かり切ったエンディングに突き進みながらも、「男女の恋愛観のズレ」をおもしろおかしく誇張し、ありえない設定や台詞の面白さで飽きずに楽しめます。たまには、頭を使わず大笑い出来る映画も必要。オマケに「男の本音」も学べます。ちょっと調べてみたら、ロバート・ルケティック監督ってまだ若くて35歳。おまけに結構イケメン。なんだかこの映画は、世の女性への彼の心の叫びのような気が…。そういえば、ロバート・ロドリゲスとローズ・マッゴーワンが破局したことで頓挫していた『バーバレラ』のリメイク。このプロジェクトは再始動して、ロバート・ルケティックが監督をすることが決まったみたいです。(2009年公開作品/原題 The Ugly Truth)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-10-01 23:51 | COMEDY
<< 男の妄想、大爆発『七年目の浮気』 #21 ステキな「映画のTit... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧