nocopy
猫にも友人にも優しい男『ロング・グッドバイ』
b0181416_11441431.jpg

ご存知レイモンド・チャンドラーの小説をロバート・アルトマンが映画化した『ロング・グッドバイ』。何年か前に村上春樹の翻訳版が出版されて話題になりました(装丁がステキなこの本は家の本棚にもあります)。フィリップ・マーロウをエリオット・グールドが演じていますが、公開当時は原作ファンからはブーイングの嵐だったみたいです。フィリップ・マーロウの役はハンフリー・ボガート、ロバート・ミッチャム、ジェームズ・ガーナーなど多くの俳優が演じていますが、レイモンド・チャンドラーいわく、一番イメージに合っているとしたのはケーリー・グラントなんだとか(ケーリー・グラントはフィリップ・マーロウを演じてはいません)。またしても原作を読んでもすっかり忘れているので、私の中のフィリップ・マーロウ像は無いのですが…、エリオット・グールドはちょっとイメージと違うのかもしれませんね。猫と暮らす私立探偵のフィリップ・マーロウ(エリオット・グールド)は、友人のテリー(ジム・バウトン)に頼まれて彼を空港まで送ったことから、警察に尋問を受け拘束されてしまいます。しかし、3日後に理由も言わずにあっさり釈放。妻への殺害の容疑がかかっていたテリーがメキシコで自殺した為でした。テリーの自殺に疑問を感じていたフィリップ・マーロウの元に、失踪したベストセラー作家のロジャー・ウェイド(スターリング・ヘイドン)の捜索を妻アイリーン(ニーナ・バン・パラント)から依頼されます。これがテリーへの事件と繋がって行き……。エリオット・グールドのニヒルなフィリップ・マーロウがカッコいいです。タバコを吹かし、眉間にシワ。くしゃくしゃしたヘアスタイルに気怠い雰囲気。70年代っぽい時代背景にも合っていて、ステキです。エリオット・グールドって、他にどんな映画に出てるのかな。と思ったら、『M★A★S★H マッシュ』でヒゲの外科医トラッパー・ジョンを演じていたのがエリオット・グールドでした! 最近では、ソダーバーグ版『オーシャンズ』シリーズではデカ眼鏡がカワイイ大金持ちのジイさん(ルーベン・ティシュコフ)を演じています。おまけにこの映画には、若き日のアーノルド・シュワルツェネッガーやデビッド・キャラダインも出演しています。それにしても、乳丸出しでベランダで踊るフィリップ・マーロウの隣人たちと、カリー印の猫缶が気になります…。(1974年公開作品/原題 The Long Goodbye)

星は2つ。★★☆☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-10-28 11:49 | DRAMA
<< The “KING of PO... #28 ステキな「映画のTi... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧