nocopy
The “KING of POP”『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
b0181416_13501220.jpg

マイケル・ジャクソンの幻となったロンドンでのコンサート「THIS IS IT」。そのリハーサル風景を収めたドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をIMAXで観て来ました! 初IMAXだったのですが、ものすごい音の良さに感動。この映画には最適でした。普段、ドキュメンタリー映画は好んでは観ません。ここ数年で観たのも、マイケル・ムーア監督作品や『スーパーサイズ・ミー』ぐらい。マイケル・ジャクソンも好きでCDは何枚か持っていますが、この映画も友達が誘ってくれたから「行こう」と思ったのであって、一人ででも観に行ったかと考えれば……。それでも観終わった後はマイケル・ジャクソンの偉大さを再実感し「観てよかった」と思いました。映画はリハーサル風景が中心。その間にコンサートで使われる予定だった映像が撮影シーンなどと挿まれます。「SMOOTH CRIMINAL」や「Thriller」のPVのニューバージョン(?)も観ることができます(「SMOOTH CRIMINAL」では『ギルダ』のリタ・ヘイワースや『三つ数えろ』のハンフリー・ボガードと共演)。若いダンサーを引き連れて歌い踊る「They don't care about us」から、一人でしっとりと歌い上げる「Human Nature」やJackson 5の「I'll Be There」まで。マイケルがスタッフと会話する姿も映し出されており、その物腰や態度から優れたリーダーだったんだなぁ。と思いました。この映画では、マイケルのパフォーマンスはもちろんすばらしいのですが、印象的だったのが周りのスタッフたち。マイケルに憧れてダンスを始めた若いダンサーやシンガー、いい歳したミュージシャンや技術者たちがみんな目を輝かせて「マイケルと仕事が出来ることの喜び」を語る姿。キラキラしてます。この映画の公開に対して一部のファンから「完璧主義者のマイケルがリハーサル風景を公開されることなんて望むはずがない!」と反対運動(This is not なんだとか)が起こっているらしいですが、マイケルのコンサートを最高のものにしようと尽力した人たちのためにも「日の目を見る機会」が出来てよかったのでは? ちなみに映画館には、シルバーのグローヴを身につけた人や赤いレザーのライダースジャケットを着てる人とかマイケルのプチコスプレをしてる人がいて、そんな人を見つけるのも面白かったのでした。私もやっぱりスパンコールのベストでも着ていけばよかったかな。ともかく、LOVEが溢れるマイケル・ジャクソンの偉大さを感じた111分でした。God Bless you! (2009年公開作品/原題 THIS IS IT)

星は4つ。★★★★☆

※でもこの映画を観終わった後、久しぶりに観たくなったのはウィアード・アル・ヤンコビックのコレ…。
[PR]
by aiko_kiz | 2009-10-29 23:49 | DOCUMENTARY
<< マイケル・ジャクソンのショート... 猫にも友人にも優しい男『ロング... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧