nocopy
音楽に導かれ、母をたずねて三千里『奇跡のシンフォニー』
b0181416_19581027.jpg

音楽の神童をフレディ・ハイモアが演じた『奇跡のシンフォニー』。「みにくいアヒルの子」、「あしながおじさん」や「キャンディ・キャンディ」みたいな美しいおとぎ話です。ニューヨーク郊外の孤児院で育った11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)は生まれた時から、全ての音が「音楽」に聞こえる男の子。そして、どこかで両親が待っていてくれるということを確信しています。孤児院で「変わったヤツ」といじめられながらも、健気に暮らしていました。しかし、ある日「音楽」に導かれ孤児院を飛び出します。初めて見る「外の世界」、そして生まれて初めて「楽器」に出会ったエヴァンは天才的な才能を発揮。そんなエヴァンの大都会での冒険と、エヴァンの母親のチェリストのライラ(ケリー・ラッセル)と父親でロックミュージシャンのルイス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)の出会い→すれ違い→再会までの2つのストーリーが重なり合って展開していきます。音楽によって両親と会えることを信じて生きるエヴァンと、死産だったと思っていた息子が生きていることを知ったライラ、そんなライラを忘れられないルイス。この3人が「音楽」を通じてある場所に引き寄せられて行きます。突っ込みどころは沢山あるけれどフレディ・ハイモアの汚れの無い瞳に免じて(まだ、ダコタ・ファニングとデートする前だしね)、清い心で観るが良し。クリスマスが舞台では無いけれど、クリスマスに観たら良さそうな映画です。ジョナサン・リース=マイヤーズのロッカーも、ハマっていてカッコ良かったです。(2008年公開作品/原題 August Rush)

星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-11-03 23:57 | DRAMA
<< 「結婚」=「女の幸せ」と信じら... ハロウィーンのコスチューム >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧