nocopy
熱い男、熱い刑事『ダーティハリー』
b0181416_20245123.jpg

たまたまBSでやっていたので観てみた『ダーティハリー』。シリーズ全5作の1作目です。『ダーティハリー』シリーズはTVやっているのを何となくでしか観たことしかありませんでした。しかし、殉職警官の慰霊碑から始まるオープニングからヤラレタ!構図も色彩もカッコいい!こんなにもオシャレな映画だとは思いませんでした。サンフランシスコ警察のハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)は男気溢れるイカした刑事ですが、やり方が荒っぽいので市長や警察署長からは疎まれる事も。そんなキャラハン刑事が今追っているのはスコルピオ(アンディ・ロビンソン)と名乗る連続無差別殺人犯。警察署に手紙を送りつけ、現金を要求。要求を飲まなければ「牧師か黒人を殺す」と。そこで、ブレスラー警部補(ハリー・ガルディノ)から無理矢理に組まされた大卒のゴンザレス刑事(レニ・サントーニ)と、市長(ジョン・ヴァーノン)や警察署長(ジョン・ラーチ)の意向を無視してキャラハン刑事は独自の捜査を始めます…。前に観た『ゾディアック』も、この映画も1960年後半からサンフランシスコで起きた連続殺人事件をモデルにしています。『ゾディアック』では主人公が映画館でこの『ダーティハリー』を観るシーンもあったり。そして、『ダーティハリー』でも『ゾディアック』でも気になったのが「黄色」という色。すごく意味深にいろんなシーンに登場。映画の初めでホテル(?)の屋上のプールで殺害される女性の水着とビーチタオル、そのホテルの従業員の制服の装飾、タイトルクレジットの文字、町中を走るタクシー、繁華街のネオン、警察署内のドア、殺害された少年の母親のブラウス、身代金を入れたバッグに、人質になった子供を乗せるスクールバス…。時にサンフランシスコの青い空に、暗闇に、対比された鮮やかな「黄色」が登場。とっても印象的です。おそらく『ゾディアック』は『ダーティハリー』を意識してこの「黄色」を印象的に入れたのでは? と思いますが、『ダーティハリー』でこの「黄色」を多用した意図ってなんなんでしょう?? それにしても、この映画は「黄色」だけでなく、全体的に色彩が美しいです。目尻のシワもセクシーなハリー・キャラハン刑事のキャラクターに、美しいサンフランシスコの風景、色彩から構図からセリフから抑えめな音楽まで。「映画史に残る映画」とは、まさしくこういう映画のこと。観てよかった映画。You've got to ask one question, "Do I feel lucky?" Well do ya, punk! (1972年公開作品/原題 Dirty Harry)

星は4つ。★★★★☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-11-30 23:49 | ACTION
<< #38 ステキな「映画のTit... 日陰から這い出たかった男『陽の... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧