nocopy
2010年、初泣き!『素晴らしき哉、人生!』
b0181416_2156211.jpg

クリスマスはとっくに終わっちゃって新しい年も明けていますが『素晴らしき哉、人生!』を[カラーライズ版]で鑑賞。「Moviefone」が選んだ【Best Christmas Movies: The Top 25 of All Time】の2位にも選ばれていますが、AFIが選ぶ「感動の映画ベスト100」でも1位に、「偉大なアメリカ映画ベスト100」では20位に(98年度のランキングでは11位でしたが…)なっているステキな映画。公開当時はちっとも評価されていなかった様ですが、ステキな「クリスマスの奇跡」なお話。長身のジェームズ・ステュアートの飄々とした感じがいい味を出しています。建築家の夢、大学進学、世界一周旅行の夢を諦め、父親の急死により、父親が経営していた低所得者向けの「住宅金融」の会社の後を継いだジョージ・ベイリー(ジェームズ・ステュアート)。若く、野心に溢れ、才能のある若者でしたが、彼は父親の為、弟の為、そして町のみんなの為…と、自分の人生を犠牲にして来ました。町を牛耳る資産家ミスター・ポッター(ライオネル・バリモア)の度重なる妨害にも屈せず、何度も会社の危機を乗り越えて来たジョージですが、ある雪のクリスマスの日、払わなければいけない現金800ドルを無くした為に、遂に「最大の危機」を迎えてしまいます。失意の中、愛する妻と4人の子供を残し、橋から川へ投身自殺することを考えたその時、ジョージより先に知らない男が川に飛び込みます。慌てて、その男を助けたジョージでしたが、男が川に飛び込んだ理由はジョージの自殺を阻止すること。そして、自分を「ジョージの守護天使」のクラランス(ヘンリー・トラヴァース)なんだとだといいます。クラランスの言うことは信じられず、「自分なんて生まれなければよかった」と言うジョージに、クラランスは「ジョージの生まれなかった世界」を見せます…。かなり道徳的なストーリーなんですが、それが説教くさくならないのはパラレルワールドを用いた展開やあんまり宗教臭い要素が無いからかな…。今まで他人のために頑張ってきたジョージは「自分の居ない世界」を見たことによって自分の存在価値を再確認し、今までの「善行」によって救われるハッピーエンド。観終わった後に、まさしく「素晴らしき哉、人生!」と思える映画です。新年早々、「徳を積む」ことの大事さを痛感しました。毎日を大事に生きましょう。Remember no man is failure who has friends.(1954年公開作品/原題 It's a Wonderful Life)

星は5つ。★★★★★

P.S. ベルの音は天使が翼をもらえた合図なんだって。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-01-05 21:58 | DRAMA
<< 男に翻弄される姉妹『欲望という... ギョロ目とモジャモジャの友情『... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧