nocopy
"希望"を捨てなかった男『ショーシャンクの空に』
b0181416_1215025.jpg

恥ずかしながら、今までちゃんと観ていなかった『ショーシャンクの空に』。なんとな〜くラストシーンの記憶があるので、観たのかも知れませんが記憶に無かったのでちゃんと観ました。えぇ話しやねぇ…。1947年、妻とその愛人の身に覚えの無い殺人罪で終身刑になったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)はショーシャンク刑務所に入る事になります。そこは悪徳所長(ボブ・ガントン)が牛耳る世界。元銀行員で副頭取まで務めたアンディは周りから浮いた存在に。そんな中、ツライ思いをしながらも同じく殺人罪で服役中のレッド(モーガン・フリーマン)と少しずつ友情を育み、「心にあるものを秘めながら」自分の居場所をみつけ始めます……。モーガン・フリーマンの渋い声のナレーションで進むストーリー(いやぁ、いい声だねぇ)。冤罪で20年近くも服役しながら「希望を持つ」事を諦めないアンディと「希望を持つ」事の危険を説くレッドの友情、そんなレッドも最後には「希望を持つ」ように。男の友情っていいねぇ。観終わった後に「スッキリ」前向き気分になれる映画は定期的に観ると精神衛生上いいですね。そしてここでも、リタ・ヘイワースの『ギルダ』が登場(原作のタイトルは「刑務所のリタ・ヘーワース」)。この映画、映画によく出てきますね。それにしても、スティーヴン・キングの原作映画って本当に不思議。『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』みたいな傑作もあるのに、『シークレット ウインドウ』みたいなのもねぇ…ごにょごにょごにょ。Hope is a good thing...(1995年公開作品/原題 The Shawshank Redemption)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-01-08 23:23 | DRAMA
<< 超エコ・ピープルの伝説になった... 絵画の世界!『真珠の耳飾りの少女』 >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧