nocopy
料理で救われた2人の女性『ジュリー&ジュリア』
b0181416_2105090.jpg

2人の女性の実話を描いた『ジュリー&ジュリア』を観てきました。1960年代以降に活躍した料理研究家のジュリア・チャイルドと、そのジュリアの書いた本に載っているレシピを料理するBLOGを始めたジュリー・パウエル。そのジュリー・パウエルのBLOG本「ジュリー&ジュリア」を原作にした映画です。1949年、大使館で仕事をしている夫、ポール(スタンリー・トゥッチ)の仕事の都合でパリへ移り住んだジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)。大柄で朗らかなジュリアがパリでハマったのが「フランス料理」!男性ばかりの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」に入学し、持ち前の明るさとガッツで料理を学びます。そして、パリで知り合った友人たちと「アメリカ人のためのフランス料理の本」の執筆を始めます。その50年後、編集者の夫エリック(クリス・メッシーナ)と共にNY・ブルックリンのピザ屋の2階に引っ越して来たジュリー・パウエル(エイミー・アダムス)。作家になるという夢を諦め、自分の人生に迷いを感じているアラサー女性。料理の好きなジュリーは夫のアドバイスでBLOGを開設、1年間をかけてジュリアの524のレシピを再現することを決意します…という、良い夫を持ち、料理を愛し料理に救われた…という共通点を持つ2人の女性の生活を時代と空間を越えて結んだストーリー。とことん前向きで楽しいジュリア(ちょっとメリル・ストリープの器用さが"鼻に付く"ところも)、夫に当たり散らしながらもがんばるジュリー(共感できるコネタ多数)のキャラクター、2人の作る美味しそうな料理たちが魅力的。お腹が「グーグー」鳴ります。この手の女性のための共感型「がんばれ私!」的映画はいくらでもありますが、この映画は結構な良品だと思います。料理で救われる女性を描いた映画は『ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた』などがあるし、時代の違う女性を描いたものは『めぐりあう時間たち』などがありますが、この映画はこの2つの"美味しいとこ"取りかも。唯一、メリル・ストリープとスタンリー・トゥッチのラブシーンだけがキツかった…。料理と仕事のやる気が出る、笑えて、ホンワリ〜、いい匂いの映画です。ヘルシー志向の現代人が高カロリーなジュリアのレシピを作りたくなったのも納得。Bon Appetit!!(2010年公開作品/原題 Julie & Julia)

星は3つ。★★★☆☆



※これを観るとメリル・ストリープのジュリア・チャイルドがものすごい似ていることがよく分かります。ビックリ!!



※こちらはジュリー・パウエル



にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-01-13 23:10 | DRAMA
<< ヒラメキを失った映画監督『8 ... 東京ディズニーシーのアトラクシ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧