nocopy
過酷な時代を生き抜いたユダヤ人女性『ブラックブック』
b0181416_23273963.jpg

私の中ではゲテもの監督(?)なイメージの強いポール・バーホーベン監督(でも『ショーガール』は結構好き)が、23年ぶりに母国で録った『ブラックブック』を観ました。実話からインスピレーションを受けたユダヤ系オランダ人女性を主役にしたストーリー。『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』など第二次世界大戦下のユダヤ人を描いた映画はたくさんありますが、女性を主人公にしたものも、オランダ語の映画を観たのも初めてかも…。1944年、ナチス占領下のオランダ。ユダヤ系オランダ人の元歌手、ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)はキリスト教に改宗することを条件にドイツ人一家の隠れ家で暮らしていました。ある日、その隠れ家が爆撃を受け、ラヘルはレジスタンスの一人に助けられてドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族と共に逃亡することになります。しかし、待ち伏せしたドイツ兵に家族を皆殺しにされ、ラヘルはなんとか命からがら逃げ延びます。その後、別のレジスタンスのグループに助けられたラヘルはエリスと名乗り、ドイツ軍のムンツェ大尉(セバスチャン・コッホ)の元にスパイとして近づきますが、ムンツェ大尉の「良心」に触れ、本気で愛するように……。歴史的な史実、それに翻弄されながらも気高く生きる主人公、レジスタンスのメンバーの裏切り、とサスペンス要素も含め、ドキドキハラハラも楽しめますが、やっぱりこういう歴史があったということは事実なので観ていて切ない気持ちでいっぱいにもなります。本当に人間ってイヤな生き物…(ナチスだけが「悪」とは描かれていないんです)。文字通り体を張ってラヘルを演じたカリス・ファン・ハウテンという女優さんがとてもステキです。この人、『ワルキューレ』でトム・クルーズ演じるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の妻ニーナを演じてたみたいです(『ワルキューレ』は観たけれど全く記憶にナシ…)。ナチス関連の映画は「観たい」というより、「観ておかねば」という義務感から観ることが多いのですが、元気がある時じゃないと観られません。ユダヤ人に関しては何度か理解を試みているのですが、日本で温々暮らしている私にはいまいちピンとこないことばかりです(最近も「ユダヤ人」を読んだんだけれど…)。家のHDRには『灰とダイヤモンド』と『ニュールンベルグ裁判』がいます。そのうちにこれらも観ます。(2007年公開作品/原題 Zwartboek)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-02 23:33 | WAR
<< 家族って難しい『かいじゅうたち... #49 ステキな「映画のTit... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧