nocopy
家族って難しい『かいじゅうたちのいるところ』
b0181416_2048169.jpg

1963年に出版された世界的に有名な名作絵本、モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」をスパイク・ジョーンズが映画化した『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。子供の頃に私も読んだことのある絵本(でも子供の頃のセンダック絵本の私のお気に入りは「こぐまのくまくん」)。原作の絵本はとてもシンプル。文字数もとても少ないものです。その行間をステキなイマジネーションで埋めたスパイク・ジョーンズはスゴイ。原作者のモーリス・センダックが出来上がった映画にとても満足しているらしいのにも納得です。8歳のマックス(マックス・レコーズ)はイライラを抱える男の子。両親は離婚し、ママ(キャサリン・キーナー)には新しい恋人(マーク・ラファロ)がおり、ティーンエイジャーの姉クレア(ペピタ・エメリッヒ)もマックスの相手をしてはくれません。そんなマックスはママに怒られて「夕飯抜きで部屋にいること」を言いつけられます。大暴れして家を飛び出したマックスは走って走って走って、船に乗り海を渡り「かいじゅうたちのいるところ」に辿り着きます。そして、マックスはそこで出会ったキャロル(声/ジェームズ・ギャンドルフィーニ)、KW(声/ローレン・アンブローズ)、ジュディス(声/キャサリン・オハラ)、アイラ(声/フォレスト・ウィテカー)、ダグラス(声/クリス・クーパー)、ザ・ブル(声/マイケル・ベリー・Jr. )の"かいじゅうたち"の王様になることに……。絵本の世界観そのままな7人の"かいじゅうたち"が表情豊かでホントにチャーミング。この"かいじゅうたち"は昔ながらの着ぐるみで撮影され、表情だけ後からCGで合成したんだとか。最近のブルーバックで録った映画と違い、そんな「手アカ感」に"やさしい"印象を受けます。温かい光や色彩、"かいじゅうたち"のリアルな毛並みや鼻水に監督のこだわりが感じられます。子供だからこその不満だとか、どこにぶつけたらいいのか分からない怒りだとか、大人の理不尽さだとか…もう大人になってしまった私には忘れかけていたものをちょっぴり思い出し、懐かしくもあり切なくもあり…。でも「絵本の世界観がここまで再現されてるのってスゴイ!」っていうのが一番の感想で、元の絵本を知らなかったり、子供の時に読んだ記憶が無い人には「大して面白くないかも…」というのが正直なところ。でも、やっぱり改めてスパイク・ジョーンズはステキな監督さんだと思いました。(2010年公開作品/原題 Where The Wild Things Are)

星は4つ。★★★★☆

※そうそう、この"かいじゅうたち"の着ぐるみ作ったのはジム・ヘンソン大先生のジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップなんだよね。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-03 20:51 | DRAMA
<< #01 映画監督が手がけたCM 過酷な時代を生き抜いたユダヤ人... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧