nocopy
富豪と舞台女優の恋『恋をしましょう』
b0181416_011720.jpg

恋多き女、マリリン・モンローと恋多き男、イヴ・モンタンが実際に激しい恋に落ちた映画『恋をしましょう』を観ました(そしてイヴ・モンタンの妻シモーヌ・シニョレは自殺未遂)。監督は『スタア誕生』『マイ・フェア・レディ』『フィラデルフィア物語』のジョージ・キューカー。ジャンル的にはロマコメですが、マリリン・モンローもイヴ・モンタンも歌って踊るミュージカルのような趣。ジャン・マルク・クレマン(イヴ・モンタン)は億万長者の会社社長。おまけにかなりの女ったらしで、ゴシップ紙のネタになることもしばしば。そんなクレマンの元に、彼を皮肉ったミュージカルが上演される予定らしいというニュースを持ってコフマン(トニー・ランドール)という男がやって来ます。クレマンはコフマンを広報として雇い入れ、その芝居を潰そうとしますがコフマンの「一度リハーサルを観に行き”余裕”があるところを見せつけてから、対応を考えるべき」というアドバイスに従い、芝居のリハーサルへ。しかし、リハーサルを見たクレマンはその芝居の主演女優のアマンダ(マリリン・モンロー)に一目惚れ。何とか彼女を食事に誘おうとします。しかし、現場にいた芝居のスタッフにクレマン役のオーデションにやってきた俳優と間違えられ、その芝居に参加する事に。クレマンは素性を隠して舞台に出演することになり、何とかアマンダの気を魅こうとあの手この手を使います……。この映画はマリリン・モンローが34歳ぐらいの時の出演作。舞台女優の役なので、かなり露出度高めの衣装が多し。しかしなるほど、女も30を過ぎるといろいろね…と共感してしまうプロポーション。それでも歌って踊る姿はチャーミングです。それに比べると、イヴ・モンタンもストーリーもパッとせず…、マリリンの魅力のみで押し切られている感が。クレマンとアマンダの関係も大した展開もなく発展し、結局、女は男に情でほだされ、男は財力で女を手に入れるのね…と思ってしまいました。まぁ、世の中そんなもんか…。(1960年公開作品/原題 Let's Make Love)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-26 23:10 | COMEDY
<< 人生いろいろ『幸せになるための... ブリーと息子のロードムービー『... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧