nocopy
ユダヤ・ハンター V.S ナチス・ハンター『イングロリアス・バスターズ』
b0181416_047293.jpg

映画館で観られずに無念だった『イングロリアス・バスターズ』をやっと観ました。あ〜オモシロかった(相変わらずちょっと長いけれど…)。ユダヤ人を嬉々と狩るランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの独特な存在感がスゴイ(さすがアカデミー助演男優賞!)。1941年、ナチス占領下のフランス。酪農を営んでいたユダヤ人一家の長女ショシャナ(メラニー・ロラン)は、隠れ家にやって来たランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に目の前で家族を惨殺され、命からがら逃げ出します。数年後、ナチスへの復讐を誓うショシャナはミミューと名前を変え金髪にし、パリの映画館主に。そして皮肉にもナチスの英雄、フレデリック・ツォラー親衛隊一等兵(ダニエル・ブリュール)に好意を寄せられます。そんな頃、殺した兵士の頭皮をはぐ残忍さでナチスからも恐れられるアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ”は、レジスタンスの女優ブリジット・フォン・ハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)の手引きでフランスに潜入。極秘作戦を開始しますが…。ユダヤ人の少女ショシャナの「復讐劇」とレイン中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”の「極秘作戦」の2つのお話が、最後にショシャナの映画館で交差。私はどちらかというとブラピ・バスターズよりもメラニー・ロランのお話の方が好き。やっぱり、タランティーノ映画はオンナが強くなくっちゃね(あんなに勇ましいメイクシーンは初めて観た…)。公開時には、インターナショナルなキャストが話題になっていたものの、結局は知名度があるブラピとダイアン・クルーガーばっかりフォーカスされていたような感じでしたが、観てみたら意外といろんな人が出ていたんですね。「ユダヤの熊」を演じたのは『ホステル』の監督イーライ・ロスだし(目元が濃過ぎる…)、連合軍の将軍をマイク・マイヤーズが、ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣(シルヴェスター・グロート)の通訳にジュリー・ドレフュス(衣装がラブリー。特に頭に付けたトラ、欲しい…)、エンドロールにはゾーイ・ベル(ショシャナとブリジットのスタント)の名前もしっかりありました。ナレーションがサミュエル・L・ジャクソンだったのはちっとも気づかず…。歴史的な史実にどこがどのくらい基づいているのかは分かりませんが(歴史苦手なもので…)、そんなのどうでもいい感じが気持ちイイ映画です。ドイツで指を3にする時は、親指、人差し指、中指でね。じゃないと、Nein! Nein!! Nein!!! Nein!!! Nein!!!!(2009年公開作品/原題 Inglourious Basterds)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-05-31 23:46 | DRAMA
<< 忠犬ハァティ公『HACHI 約... これぞガール・パワーーー!!『... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧