nocopy
口から生まれた男と息子の絆とタバコ業界『サンキュー・スモーキング』
b0181416_21564721.jpg
JUNO/ジュノ』の成功で、もう『ゴーストバスターズ』の息子と思われなくなったであろうジェイソン・ライトマンの初長編映画『サンキュー・スモーキング』を観ました。オープニングクレジットからとってもステキ。ブラックユーモアの効いた、父と息子とタバコ業界の物語。タバコ会社が出資して作られた「タバコ研究所」で働くニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はやり手の広報部長。話術に長け、タバコにまつわる負のイメージの払拭に飛び回ります。いろいろな喫煙反対グループと出演したTV番組でも“ああいえばこう言う”態度で攻撃をサラリとかわして丸め込み、反喫煙の上院議員オートラン・フィニスター(ウィリアム・H・メイシー)をイライラさせます。アルコール業界の広報でワインの聖母と呼ばれる、ポリー・ベイリー(マリア・ベロ)と銃製造業界の広報ボビー・ジェイ・ブリス(デヴィッド・コークナー)とモッズ特捜隊(The Merchant of Deathの頭文字)を結成。定期的に集まっては嫌われ者業界での愚痴話に華を咲かせます。そんなニックも別れた妻ジル(キム・ディケンズ)との間の一人息子ジョーイ(キャメロン・ブライト)に英雄視される父親。ジョーイは反対する母親を丸め込み、出張にもついて行きます。そんなある日、新聞記者のヘザー・ホロウェイ(ケイティ・ホームズ)がニックに接近、そして……。社会風刺の効いた面白いコメディ。ニックのプレゼンテーションやディベート能力の高さにはウットリするほど。B.T(Before Tom)のケイティ・ホームズが目的の為には手段を問わない野心的な新聞記者役で出演してます。ニックのアイデアである「スモーキング・ハリウッド」案の為に訪れた日本かぶれのエージェントの社長(ロブ・ロウ)とのシーンのセリフはハリウッドの裏側が垣間みれて面白いです。この映画、主人公が話術に長けた男なのでセリフがとっても面白い。おまけに、タバコ業界にまつわるお話なのに喫煙シーンが無いのも面白い(出てくるのは、タバコのパッケージとニコチンパッチくらい)!印象的だったのニックの息子を演じたキャメロン・ブライト。子供のくせにクリストファー・ウォーケンに似た雰囲気が。将来が楽しみ〜、と思っていたら、最近では大ヒット作『ニュームーン/トワイライト・サーガ』にも出演。すっかり大きくなっていました。(2006年公開作品/原題 Thank You for Smoking)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-07-16 23:03 | COMEDY
<< 夢泥棒の妻と子供への想い『イン... 大人になったカッレくんとピッピ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧