nocopy
ガンバレ!アンジー姐さん『ソルト』
b0181416_2225984.jpg

現実逃避したい気分だったのでササッと観て来た『ソルト』。監督はアンジーと組むのは2回目になる『ボーン・コレクター』のフィリップ・ノイス。トム・クルーズが降板した為に、男性だった主人公ソルトを女性に変更してアンジェリーナ・ジョリーが演じる事になったのは有名なお話。さすがにララ・クロフトの時よりも肌のハリもアクションのキレも悪くなったような様な気もする…けれど、まだまだアンジー姐さんはガンバっています! CIAでロシア担当の諜報員として上司ウィンター(リーヴ・シュレイバー)の下でバリバリ働くイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。2年前に北朝鮮での活動に失敗し過酷な経験をしますが、それでも第一線で働いており、国際的な蜘蛛研究者の夫マイク(アウグスト・ディール)と愛犬バードと幸せな結婚生活を送っています。そんな夫との結婚記念日にロシアからの密告者オルロフ(ダニエル・オルブリフスキー)の尋問を担当することになったイヴリン。そこでオルロフが口にしたロシアからCIAに侵入しているというスパイの名前は「イヴリン・ソルト」。それからイヴリンは追われる身となり……。『007 ダイ・アナザー・デイ』(だったっけ?)のようなアンジーの下着姿&拷問のシーンで始まります。下着姿だけでなく麗しい男装姿や金髪、黒髪、短髪などいろんなアンジーのスタイルが楽しめる映画です。今頃、米vs露の冷戦時のようなストーリーにちょっと…でもありますが。イヴリン、超強いです。大の大人の男、それもシークレットサービスやら大統領を警護するような人たちをバッタバッタとなぎ倒します。まるで『X-MEN』のミュータントみたい…、いくら訓練を積んだ凄腕でも、女性なんだからさすがにそれはリアリティ無さ過ぎでは? おまけにアンジーが「ただの悪者」を演じる訳が無いので、この時点でもう半分ネタばれのような状態。派手なアクションと最後のちょっとした「どんでん返し」は楽しめたし、アンジーはそれなりにカッコいいのですが、何か足りない様な…(ハニー・トラップかな?)。 気になったのが、マヌケ面した見るからに善良そうな夫マイクを演じたアウグスト・ディール。この人『イングロリアス・バスターズ』にも出演してたんですよね。このちょっと抜けた顔、結構好きです(調べたら私と生年月日が2日違いだった!)。続編が作れそうなラストシーン。続編があってもマイクは回想シーンだけだろうなぁ。(2010年公開作品/原題 Salt)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-08-06 23:22 | ACTION
<< 成長したアリスが失ったもの(?... 昨年度のハリウッド女優年間ギャ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧