nocopy
ゴー!フィッシャーマン!!『タイタンの戦い』
b0181416_0334692.jpg

1981年の『タイタンの戦い』のリメイク『タイタンの戦い』。はっきり言って、公開時もたいして興味が無く(3D上映の評判が悪かった!)、ギリシャ神話はそんなに好きでは無いし、オリジナルも観ていないし、最近観たギリシャ神話モチーフの映画が面白く無かったので期待はせずに観ました。ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子ながら訳あって、漁師の息子として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)。ペルセウスは神に反旗を翻し、ゼウスの巨像を壊したアルゴスの兵士のとばっちりで冥界担当のハデス(レイフ・ファインズ)に家族が乗る船を攻撃され両親と幼い妹を失います。生き残った者としてアルゴスに連れて行かれたペルセウスは、神に宣戦布告したケフェウス王(ヴィンセント・リーガン)のおかげで怒った神が放ったクラーケンを倒すため、同じデミゴッドであるイオ(ジェマ・アータートン)やアルゴスの兵であるドラコ(マッツ・ミケルセン)たちと旅に出ます。登場人物が神も人も、みんな自分勝手! ゼウスがペルセウスを儲けた理由も、人間として戦いたいって意地を張るペルセウスも、もちろんハデスも、肝心なとこでいなくなる狩人も…なんだか自分勝手で笑っちゃいます。まぁそれでも、デカイサソリ、ヘビ頭のメデューサ(ナタリア・ヴォディアノヴァ)、とてつもなくでかいクラーケンの戦闘シーンはそれなりに楽しめました。ペルセウスがクラーケン退治に向かう準備をするシーンで武器を選ぶ際に、白いフクロウ(金属製)を手にして他の人に「それは止めておけ」と言われるシーンがあり、フクロウ好きとしてはこの思わせぶりな「白いフクロウ(結構カワイイ)」はいったいなんだったんだろう? と、気になりました。オットが言うには「そういえば、オリジナルにフクロウが出て来た!」らしい…(ブーボーっうの?)。オリジナルへのオマージュだったんですね。神たちがみんな鎧を着ているのも「聖闘士星矢」へのオマージュみたいです。私もペガサスっていったら流星拳という世代。「この監督、同世代かな?」と思ったら1973年生まれでした。やっぱりね。それからそれから、大きくなった『アバウト・ア・ボーイ』のニコラス・ホルトがカッコ良く成長! 子役の頃はどちらかっていうと「ブサカワイイ」感じだったのに、随分大人になったもんだ。ちなみに続編が2012年公開目標で作られているんだとか。監督は『テキサス・チェーンソー・ビギニング』ジョナサン・リーベスマン。(2010年公開作品/原題 Clash of the Titans)

星は2つ。★★☆☆☆

※IMDb見てたら、クレジットにアギネス・ディーン(Aphrodite)の名前が!何?!どこに出てたの??

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-08-29 00:42 | FANTASY
<< 今敏監督の映画リスト ちょっと大きめなポアロに…『オ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧