nocopy
それでも飛ぶよ『マイレージ、マイライフ』
b0181416_114670.jpg
映画館で見逃していた『マイレージ、マイライフ』を、『(500)日のサマー』に続き「ららぽーと豊洲映画祭」で観て来ました。初めてジョージ・クルーニをチャーミングに感じた前評判通りの映画(まさにハマり役)。リストラの際にする解雇通告の代行をする会社で働くライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニ)。1年のほとんどを出張先や飛行機の中で過ごし、見知らぬ人に解雇通告をして回る生活。でもライアンはそんな毎日を気に入っており、ささやかな夢はまだ数人しか達成していないという航空会社のマイレージを1000万マイルをためる事。そんなんで、いい歳してもまだ独身。出張先で知り合ったアレックス(ヴェラ・ファーミガ)とはいい感じだけど、真剣に付き合う女性もいません。ある日、大学を主席で卒業した小娘新入社員、ナタリー・キーナー(アナ・ケンドリック)が会社にある提案を。出張で社員を現地に向かわせなくても、オンラインで解雇通告をすればいいというアイデア。自分のお気に入りの「出張生活」を壊されることにライアンは危機感を覚え、社長に反対意見をすると、「ライアンの仕事がどんなものかナタリーに見せろ」と出張にナタリーの同行を命じられます……。今じゃ、誰も笑って見られない「リストラ」を扱った映画…。実際のリストラ経験者に体験を語ってもらったシーンを使っていることで話題になりましたよね。エンディングには実際にリストラされたことでミュージシャンになったケヴィン・レニックのゆる〜いリストラ・ソング。手放しのハッピーエンドではありませんが、ユーモアがありながら、心にじんわりして、観終わった後に自分の事を顧みてしまうような、そんな映画です。解雇通告をするだけでなく、時にはその人の側に立った適切なアドバイスをするライアン。シェフになることが夢だった男(J・K・シモンズ)へする解雇宣告のシーンがとっても印象的でした。そしてナタリーに言われた事で「ハッ」とし、アレックスに会いに衝動的にシカゴまで行くシーンが切ない…。こんな事は若い時には出来るけど歳を取っちゃったら中々、出来ないのよ。思い切ってそこまでしたのに〜!と、観ているうちに完全にライアン・サイドに立ってしまい、心底ガッカリ。ツィッターでエンディング論争なんかが起こったみたいですが、私は「それでも地球は回るんだよね〜」という解釈(ライアンは仕事辞めないよね?)。ジェイソン・ライトマン監督の映画を観るとその後「ふむふむ…」になりますね。(2010年公開作品/原題 Up in the Air)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-10-28 23:11 | DRAMA
<< トニー・スターク・アゲイン!『... イカレたブラピのナゾの集団『1... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧