nocopy
愛されたかっただけなのにね…『ある公爵夫人の生涯』
b0181416_16135948.jpg
なんだかコスチュームものが観たい気分が続き『ヴィクトリア女王 世紀の愛』の後には『ある公爵夫人の生涯』を観ました。故ダイアナ妃の先祖に当たる女性を描いたこの作品。同じく愛を求めて得られなかったダイアナ妃と重なってしまいます。18世紀後半のイギリス。活発で美しく聡明な貴族の娘ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)は母レディ・スペンサー(シャーロット・ランプリング)の薦めで、17歳という若さでデボンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁ぎます。かなり年上ですが、裕福な名門貴族に嫁いだことにジョージアナは始めはウキウキでしたが、デボンシャー公爵は「息子を生んでくれる妻」が欲しかっただけで、すぐに2人の結婚生活は冷えきってしまいます。しかし、ジョージアナは独自のファッションやユーモアのセンスで社交界の華に。やっとできた親友のレディ・エリザベス・フォスター(ヘイレイ・アトウェル)が夫であるデボンシャー公爵の愛人になってしまったり、若き政治家チャールズ・グレイ(ドミニク・クーパー)と恋に落ちたり、愛を求めたイギリス貴族の女性の波瀾万丈な人生を描いた映画です。この映画を観ると『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のヴィクトリアは、愛する人と結婚できてその後も円満な結婚生活を送った訳で、ジョージアナと比べたら超ラッキーな女性に思えます(だいぶ時代は違うけれど女性の地位はそんなに変わらなかったのでは?)。満たされないモヤモヤをファッションに向けたり(ジョージアナの衣装はどれもステキ!第81回アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞)、複雑な関係になってしまった親友とのガールズトークなど、現代女性が共感できる部分も多くあります。大きなお屋敷のインテリアやジョージアナのファッションが楽しめて、ジョージアナの生き方に考えさせられる…いろんな意味で女性向けの映画です。ちなみに、私も好きな紅茶の銘柄「アールグレー」はこのチャールズ・グレイから名付けられているんだとか。(2009年公開作品/原題 The Duchess)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2011-05-18 23:13 | DRAMA
<< 愛がいっぱい出演者もいっぱい『... 英国版“利家とまつ”(?)『ヴ... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧