nocopy
カテゴリ:WAR( 3 )
過酷な時代を生き抜いたユダヤ人女性『ブラックブック』
b0181416_23273963.jpg

私の中ではゲテもの監督(?)なイメージの強いポール・バーホーベン監督(でも『ショーガール』は結構好き)が、23年ぶりに母国で録った『ブラックブック』を観ました。実話からインスピレーションを受けたユダヤ系オランダ人女性を主役にしたストーリー。『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』など第二次世界大戦下のユダヤ人を描いた映画はたくさんありますが、女性を主人公にしたものも、オランダ語の映画を観たのも初めてかも…。1944年、ナチス占領下のオランダ。ユダヤ系オランダ人の元歌手、ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)はキリスト教に改宗することを条件にドイツ人一家の隠れ家で暮らしていました。ある日、その隠れ家が爆撃を受け、ラヘルはレジスタンスの一人に助けられてドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族と共に逃亡することになります。しかし、待ち伏せしたドイツ兵に家族を皆殺しにされ、ラヘルはなんとか命からがら逃げ延びます。その後、別のレジスタンスのグループに助けられたラヘルはエリスと名乗り、ドイツ軍のムンツェ大尉(セバスチャン・コッホ)の元にスパイとして近づきますが、ムンツェ大尉の「良心」に触れ、本気で愛するように……。歴史的な史実、それに翻弄されながらも気高く生きる主人公、レジスタンスのメンバーの裏切り、とサスペンス要素も含め、ドキドキハラハラも楽しめますが、やっぱりこういう歴史があったということは事実なので観ていて切ない気持ちでいっぱいにもなります。本当に人間ってイヤな生き物…(ナチスだけが「悪」とは描かれていないんです)。文字通り体を張ってラヘルを演じたカリス・ファン・ハウテンという女優さんがとてもステキです。この人、『ワルキューレ』でトム・クルーズ演じるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の妻ニーナを演じてたみたいです(『ワルキューレ』は観たけれど全く記憶にナシ…)。ナチス関連の映画は「観たい」というより、「観ておかねば」という義務感から観ることが多いのですが、元気がある時じゃないと観られません。ユダヤ人に関しては何度か理解を試みているのですが、日本で温々暮らしている私にはいまいちピンとこないことばかりです(最近も「ユダヤ人」を読んだんだけれど…)。家のHDRには『灰とダイヤモンド』と『ニュールンベルグ裁判』がいます。そのうちにこれらも観ます。(2007年公開作品/原題 Zwartboek)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-02 23:33 | WAR
ナチスの良心『ワルキューレ』
b0181416_15173930.jpg

トム・クルーズがヒトラー暗殺を狙った大佐を演じ、配給会社が変わったり公開日が二転三転した『ワルキューレ』。実際に起こったヒトラー暗殺未遂事件(ワルキューレ作戦)のお話です。アフリカの戦地で怪我を負い、片目と片腕を失いながらも高い志を持って暗殺計画を実行したクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐をトム・クルーズが演じています。歴史に疎い私でも「ヒトラーは暗殺されて死んだのでは無い」という事は“なんとなく”知っているので、この映画の結末は分かるもの。戦争映画に付きものの、みんな軍服、男ばっかり、おまけにドイツ人の名前は覚えられない、誰が誰だか分からなくなる…に悩まされながらも、スリリングにストーリーは進みます。この映画は歴史を知らないと面白さが半減する映画です。ブライアン・シンガー監督は徹底的に史実に基づき、実際の場所や忠実に再現したセットで撮影を行なったんだそうです。私は終始、自分の無知さを痛感しながら観る羽目に。でもこれを機に、最近AXNで始まったナチス占領下のワルシャワでのユダヤ人を描いたドラマ『アップライジング』が面白いし、この時代を舞台にした映画は最近観ただけでも『キャバレー』『愛を読むひと』 『サウンド・オブ・ミュージック』など多いので、ちゃんと勉強してみようと思いました。トム・クルーズの他にもビル・ナイ、ケネス・ブラナー、この間『プリシラ』で観たばかりのテレンス・スタンプなど渋い役者が脇を固めています。「ナチスの制服を誇りを持って着られる役はこの役しか無い」と張り切ってシュタウフェンベルク大佐を演じていたトム・クルーズですが、シュタウフェンベルク大佐は反ナチス運動のヒーローで、敬虔なカトリック信者。なので、大佐の遺族からは非難ブーブーだったらしいですね。トム・クルーズといえばサイエントロジー。おまけに、商業色の強い「ハリウッド映画に利用される!」と思われても仕方ないですね。(2009年公開作品/原題 Valkyrie)

勉強してからもう一度観よう。
星は3つ。★★★☆☆

顔はちっとも似ていませんね>>
[PR]
by aiko_kiz | 2009-08-01 15:22 | WAR
誇りと共に、血と汗と埃まみれで戦った男たち『ブラックホーク・ダウン』
b0181416_18531013.jpg

部族間での抗争が絶えない東アフリカ・ソマリアで1993年(クリントン大統領時)に起こった、ソマリア人1000人、米軍兵士19人が死亡した「モガディシュの戦闘」を映画化したリドリー・スコット監督作『ブラックホーク・ダウン』。実は戦争映画は苦手なジャンル。残酷なシーンや血しぶき上がるシーンが多いからでは無く、男臭すぎるから。というのは冗談で、観た後に否応無く、いろんなことを考えさせられるからです。特に、私が生まれた1970年代の後半以降に起こった戦争を描いたものは、自分がもうこの世に存在し、ぬくぬくと毎日を生きている間に起こったことなので、なおさら感慨深いものが。おまけにこの手の映画は、製作されたことに意義があると思うので「面白い」とか「面白くない」とか言えないし、「出来のいい映画」なのか「出来の悪い映画」なのかも、なんだか私には分かりません。クレジットには1番始めにジョシュ・ハートネットの名前があり、ジョシュ・ハートネット演じるマット・エヴァーズマンが中心となって話は進みますが、登場人物が多いのに誰もが主人公並みに魅力ある人間に描かれており、おまけにみんなG.Iカットか坊主、そして同じ迷彩服なので、途中から誰が誰なのか分からなくなります…(おまけに戦闘シーンが激しくなってくると、顔が血と汗と埃まみれに)。印象的だったのが、エリック・バナ演じるフート軍曹が故郷に帰ると必ず聞かれる問い「なんで外国の戦争にまで行くのか?何の為に戦うのか?」について語るシーン。普通の人に理由を言っても理解出来ないだろうから、質問した人の前ではその問いには答えないのだけれど、理由は「仲間の為に戦う」のだそうです。公開時のコピーはアブラハム・リンカーンの名言「あなたはこの戦争に言葉を失う。しかし、知るべき時が来た」でした。この戦争を知るのは今になっちゃったのですが(現在、ソマリアの内戦は和解に向けて動いているみたいです)、同じようなことが今でも世界のどこかで起こっているわけです。(2002年公開作品/原題 Black Hawk Down)

一応、星は3つ。★★★☆☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-05-21 18:57 | WAR



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧