nocopy
<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
富豪と舞台女優の恋『恋をしましょう』
b0181416_011720.jpg

恋多き女、マリリン・モンローと恋多き男、イヴ・モンタンが実際に激しい恋に落ちた映画『恋をしましょう』を観ました(そしてイヴ・モンタンの妻シモーヌ・シニョレは自殺未遂)。監督は『スタア誕生』『マイ・フェア・レディ』『フィラデルフィア物語』のジョージ・キューカー。ジャンル的にはロマコメですが、マリリン・モンローもイヴ・モンタンも歌って踊るミュージカルのような趣。ジャン・マルク・クレマン(イヴ・モンタン)は億万長者の会社社長。おまけにかなりの女ったらしで、ゴシップ紙のネタになることもしばしば。そんなクレマンの元に、彼を皮肉ったミュージカルが上演される予定らしいというニュースを持ってコフマン(トニー・ランドール)という男がやって来ます。クレマンはコフマンを広報として雇い入れ、その芝居を潰そうとしますがコフマンの「一度リハーサルを観に行き”余裕”があるところを見せつけてから、対応を考えるべき」というアドバイスに従い、芝居のリハーサルへ。しかし、リハーサルを見たクレマンはその芝居の主演女優のアマンダ(マリリン・モンロー)に一目惚れ。何とか彼女を食事に誘おうとします。しかし、現場にいた芝居のスタッフにクレマン役のオーデションにやってきた俳優と間違えられ、その芝居に参加する事に。クレマンは素性を隠して舞台に出演することになり、何とかアマンダの気を魅こうとあの手この手を使います……。この映画はマリリン・モンローが34歳ぐらいの時の出演作。舞台女優の役なので、かなり露出度高めの衣装が多し。しかしなるほど、女も30を過ぎるといろいろね…と共感してしまうプロポーション。それでも歌って踊る姿はチャーミングです。それに比べると、イヴ・モンタンもストーリーもパッとせず…、マリリンの魅力のみで押し切られている感が。クレマンとアマンダの関係も大した展開もなく発展し、結局、女は男に情でほだされ、男は財力で女を手に入れるのね…と思ってしまいました。まぁ、世の中そんなもんか…。(1960年公開作品/原題 Let's Make Love)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-26 23:10 | COMEDY
ブリーと息子のロードムービー『トランスアメリカ』
b0181416_0173173.jpg

自身もゲイであることをオープンにしているダンカン・タッカー監督が、同じくセクシュアルマイノリティである性同一性障害の男性を主人公にして描いた映画『トランスアメリカ』を観ました。主人公のブリーを演じたのはフェリシティ・ハフマン。「え〜!これがドラマ『デスパレートな妻たち』のリネットなの!?」と思ってしまうほど、ナチュラルに元男性を演じています。LAに住む性同一性障害のブリー(フェリシティ・ハフマン)。長い間、理解の無い家族、そして理解の無い社会に苦しんで来ました。整形手術やホルモンの投与で外見は女性らしくなりましたが、まだ体は完全に女性になれてはいません。しかし、念願叶って来週ついに性転換手術を受けることが出来る事に。そんなある日、NYの警察から「スタンレー(ブリーの男性名)の息子トビー(ケヴィン・ゼガーズ)が拘置所にいる」と電話があります。自分に子供が居るなんて全く知らなかったブリーですが、トビーの母親の名前を言われて思い当たる節が…。唯一の友人である精神科医のマーガレット(エリザベス・ペーニャ)に薦められてしかたなく、ブリーはNYにまでトビーに会いに行きます。身分を隠してトビーに近づいたブリーでしたが、NYで男娼として荒れた生活を送るトビーに驚き、「ポルノ映画に出たいからLAに行きたい(!)」というトビーの希望もあって2人は車でLAまで旅する事になります……。すごいのはフェリシティ・ハフマンの元男性だった女性の振る舞い。もう「喉仏」は無いのにも関わらずいつも首にスカーフを巻き、足を隠し、伏し目がちで自信の無い態度をとり、女性以上に女性らしい振る舞いに見えてしまうブリーを見事に演じています(フェリシティ・ハフマンはこの役で第78回アカデミー賞主演女優賞にノミネート)。この映画が描いているのは、性同一性障害で苦しんできた一人の中年元男性と、母親に自殺され継父からは性的虐待を受け苦しんできた一人の少年という、「自分らしく生きてこれなかった」2人の人間のおはなし。「性同一性障害」や「同性愛」といった扱っているものはシリアスですが、終始シリアスな訳では無く、しかたなくブリーの実家を訪れるシーンはユーモラスで笑えます(ブリーの母親のキャラクターは監督の母親そのものなんだとか…)。状況は違えど、共に「自分らしく生きれなかった」ブリーとトビー。いきなり家族にはなれなくてもラストシーンでは2人の間に友情の芽生えが感じられるし、手術後に胸を張って働くブリーの笑顔にホッとする、後味の良い映画です。どんな人間にも隠し事はあるのは当たり前。そして、世の中いろんな人がいるのも当たり前。(2006年公開作品/原題 Transamerica)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-25 23:16 | DRAMA
#50 ステキな「映画のTitle Sequence」
『ジャッキー・ブラウン』



にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-22 17:10 | TITLE SEQUENCE
ココとボーイのラブストーリー『ココ・アヴァン・シャネル』
b0181416_1535577.jpg

女子の憧れメゾン「CHANEL」。その「CHANEL」の生みの親で、今や伝説となっているデザイナー、ガブリエル・"ココ"・シャネルの若き日を描いた『ココ・アヴァン・シャネル』をやっと観ました。原作は『エル』や『ヴォーグ』の元編集者のエドモンド・シャルル=ルーの同名小説「ココ・アヴァン・シャネル 上―愛とファッションの革命児」。幼くして母親を亡くし、父親にも捨てられ孤児院で育ったガブリエル(オドレイ・トトゥ)は姉アドリエンヌ(マリー・ジラン)と共に昼はお針子として、夜はナイトクラブの歌手として働いています。客は若い兵士たち、そこで人気の歌手となったガブリエルは"ココ"という愛称で親しまれます。夢は歌手としてパリで成功する事でしたが、そのナイトクラブで貴族出身の将校、バルザン(ブノワ・ポールヴールド)と出会い、愛人のひとりになることに。退役したバルザンを追って、田舎の豪華なバルザンの屋敷で生活を始めます。そこで出会ったのがバルザンの友人、イギリス人の実業家アーサー・"ボーイ"・カペル(アレッサンドロ・ニヴォラ)。彼はココのユニークさに魅かれ、非凡な才能を認め、そして、愛し合うようになります。ココの初めての帽子店をオープンするための資金の援助も。帽子店の経営は順調、ココのデザインは人気となり、デザイナーとしての成功は目の前だったある日、不幸な事件が起こります……。やっぱり、オドレイ・トトゥはニコニコしていた方が絶対にチャーミング。終始、煙草を吹かし、皮肉なセリフを吐き、質素(この頃はシックというよりも、まだ質素に見えちゃう)な服装で、暗い顔をしているココ役ではあんまりチャーミングに見えませんでした。ココもオドレイも好きなのに、なんだかこれはスゴク残念…。むっつり顔をしていても「絵になる」女優が演じた方が良かったのでは…?と思ってしまいました。女が男に頼らないで生きて行くには、あまりにも大変だったこの時代に、自分の信念を持ち、スタイルを持ち、それを貫き、自分の人生を生き抜いたココはカッコいいし、その姿勢には感銘を受けますが、なんだか映画としては物足りなく…。それからむしろ、自分が興味があったのは、「Coco avant Chanel」では無くて、「Coco ensuite Chanel(あってる?)」の方だったことに気が付き…。"before"じゃなくて"After"だった…。コルセットにこってり羽根つき帽子から女性を解放したココ。この時代の「コンサバなファッション」と、ココの「アバンギャルドなファッション」との対比を見せたいのは分かるけれど、コンサバなファッションをあまりに退屈に見せすぎでは…。当時のコンサバなファッションだって今見ればステキに見える要素もあっただろうに…。おまけに当時の「CHANEL」の作品が見られるのは、映画の最後の方のほんの少し。あんまり「ファッション」を楽しむ要素が無かった感じが、私としてはガッカリでした。そう、これは伝説のデザイナーの「悲恋のお話」だったんですよね…。そういった面では、"After"の方を描いた『シャネル&ストラヴィンスキー』の方が私にはずっと楽しめそう。こちらはカール・ラガーフェルドが衣装を担当しています。(2009年公開作品/原題 Coco avant Chanel)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-21 23:42 | DRAMA
"小"女神も家にやってきた『女神が家にやってきた』
b0181416_1557343.jpg

久しぶりに映画を観ました。観たのはスティーヴ・マーティン×クイーン・ラティファのコメディ『女神が家にやってきた』。ここ最近、映画を観る時間が取れないのは"手のかかる小さな4本足"のお世話に手を焼いているから…。先週「"小"女神(フレンチブルドッグ/♀/2ヶ月)が家にやってきた」んです!そんなフレンチブルドッグ・フィーバーが吹き荒れる私が、久しぶりに観たのは大好きな「フレンチブルドッグ」と「ミッシー・パイル」が出演する映画。税金専門の弁護士ピーター(スティーヴ・マーティン)は熱血仕事人間。いつでも家族よりも仕事を優先…、そんなピーターに愛想を尽かした妻ケイト(ジーン・スマート)には離婚され、子供たちからも信頼ゼロ、一人寂しく暮らしています。そんなピーターの慰めは出会い系サイトで知り合った女性とのチャット。「シャーリーン」と名乗る女性の法律相談に乗り、いい雰囲気になります。遂にピーターはシャーリーンを家に招く事に。ところが、現れたのは大柄な黒人女性…。実はシャーリーン(クイーン・ラティファ)は身に覚えの無い強盗事件で逮捕され、ピーターに再審の手助けをしてほしい脱獄犯だったのでした…。初めは邪見にシャーリーンを追い返したピーターでしたが、徐々に2人の間に友情が生まれて…ハッピーエンド!なハートフルコメディです。ピーターとシャーリーの掛け合いも面白いのですが、脇を固めるキャラクターも面白い!シャーリーンに一目惚れするピーターの同僚ハワード(ユージン・レヴィ)、いつもフレンチブルドッグのウィリアム・シェークスピアを連れて歩く大富豪のアーネス夫人(ジョーン・プロウライト)、富豪の老人をたらしこむケイトの妹アシュレー(ミッシー・パイル)やトコトン人種差別的なミセス・クライン(ベティ・ホワイト)…。特にクイーン・ラティファと見事なキャットファイト・シーンを演じたミッシー・パイルには大ウケ。ポスターにも登場しているエリザベスカラーがお似合いのフレブルは「ライナス」くん。有名動物芸能事務所に所属するベテラン犬優です。この映画の他にも『ウォルター少年と、夏の休日』『ジャスト・マリッジ』や『シャギー・ドッグ』などの映画や、CMにも多数出演してるんだとか。時間がある時に観てみよう。(2003年公開作品/原題 Bringing Down the House)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ

おまけ>>
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-16 15:57 | COMEDY
これがジェーンの生きる道『恋するベーカリー』
b0181416_1435884.jpg

ナンシー・マイヤーズ監督とメリル・ストリープ、共に60歳の女性が組んだ女性のための映画『恋するベーカリー』を試写会で観てきました。とにかく笑える楽しい作品!(30代オーバーの方にはオススメ!)今回もメリル・ストリープは9歳も年下のアレック・ボールドウィンと夫婦役です。ベーカリー・カフェを経営し、3人の子供を育て上げたジェーン(メリル・ストリープ)。やり手の経営者でもあり、良き母親ではありますが、20年間連れ添った夫に浮気されて離婚した過去が。長女ローレン(ケイトリン・フィッツジェラルド)は結婚を控え、長男ルーク(ハンター・パリッシュ)は大学を卒業し、次女ギャビー(ゾーイ・カザン)は進学の為にLAへ。子どもたちは巣立ち、大きな家に一人きり…、会社の経営にキッチンの増築の夢、親友とのガールズトーク、シングルライフを謳歌しているように見えますが、心には満たされないものが…。そんな時、ルークの卒業式に出席するために向かったN.Yのホテルのバーで偶然、自分を捨てて若い愛人と再婚した元夫のジェイク(アレック・ボールドウィン)に遭遇!思い出話に花が咲き飲み過ぎて、一緒にベッドに!!元夫との不倫に悩む中年女性を演じたメリル・ストリープがチャーミング。『ジュリー&ジュリア』の彼女も良かったですが、こっちの方がリアルな女性だけに共感できる部分が多いのかも。それにもましてチャーミングなのが、メタボ太鼓腹のアレック・ボールドウィン!やり手の弁護士という設定には見えないオモシロ・キャラで笑わせてくれます。自分のせいで離婚した妻にしゃあしゃあと「君が居ないとダメなんだ」と言い放つ元夫。元妻の前に現れたライバル・アダム(スティーヴ・マーティン)に嫉妬の炎をメラメラと燃やす元夫…。はじめメリル・ストリープとアレック・ボールドウィンの夫婦役に…だったのですが、この元夫の子供っぽい感じが、年上妻にトコトン甘える年下夫に見えて来て、観ているうちに違和感無くなってきました。この2人の不倫関係に気がついてしまうローレンの婚約者ハーレイ(ジョン・クラシンスキー)のドタバタぶりも良いスパイス。ストーリー以外のところでも、美味しそうな食べ物に、ステキなインテリアやテーブルセッティングなど女性が楽しめる要素がたくさん。下ネタも多し。女はいくつになっても女なんですよね〜、女性の生き方を考え、涙が出るほど笑いました。でも、いまいち気に入らないのは邦題。ちっともこの映画にあって無い気がします。「恋するパン屋」ってねぇ…。もっと気の利いた邦題を付けて欲しかったなぁ。それにしても安易な『恋する〜』ってタイトルの映画って結構ありますよね。 この間観た『恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(Failure to Launch)』から古くは『恋する人魚たち(Mermaids)』『恋する惑星(Chungking Express)』『恋する遺伝子(Someone Like You)』『恋する40days(40days and Nights)』『恋するポルノグラフィティ(Zack&Miri make a porno)←これはスゴク観たい!』などなど(カッコ内は原題)。どちらかというと日本未公開作品が多い気が…。(2010年公開作品/原題 It's Complicated)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-10 23:43 | COMEDY
35歳、実家暮らし男の旅立ち『恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜』
b0181416_2354153.jpg

トム・ダイ(トム・デイ?)監督のロマンティック・コメディ『恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~』を観ました。主演はサラ・ジェシカ・パーカーとマシュー・マコノヒー、そして今を"トキメク" ブラッドリー・クーパーとズーイー・デシャネルが出演。キャストだけ見ると、なんで日本未公開なのが不思議。でも映画観て納得…。35歳にもなって未だに実家で暮らすトリップ(マシュー・マコノヒー)。母親(キャシー・ベイツ)は過保護に息子の世話をし、両親揃って息子が未だに実家にいることに愚痴をこぼしながらも、結構楽しそう。遊び仲間で親友のエース(ジャスティン・バーサ)とデモ(ブラッドリー・クーパー)も実家で暮らすダメ男。そんな息子を心配したトリップの両親は実家から自立させる「旅立たせ屋」を仕事にするポーラ(サラ・ジェシカ・パーカー)に頼み、トリップの自立を計画しますが……。出演者は悪くないのに、何だかとても物足りない映画。先が読めるストーリーは嫌いではありませんが、今ひとつ。この主役の2人ってあんまり相性が良くないのでは…、と思ったら「撮影中に不仲説」があったんだとか。サラ・ジェシカ・パーカー×マシュー・マコノヒーのカップルよりもポーラのルームメイトのキットを演じたズーイー・デシャネル×ジャスティン・バーサのカップルの方がよっぽどチャーミング。こっちの2人を主人公にしたスピンオフが観たい。それにしても、実年齢14歳も違うサラ・ジェシカ・パーカーとズーイー・デシャネルが友だち…サラ・ジェシカ、いくらがんばってもちょっと無理だよね。それと、どうしてもキャリーの影がチラホラと…。明日は『恋するベーカリー』の試写会に行ってきます。最近、メリル・ストリープづいてるなぁ。(2006年米公開作品-日本未公開/原題 Failure to Launch)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-09 23:55 | COMEDY
#01 映画監督が手がけたCM
Spike Jonze/ スパイク・ジョーンズ
●GAP


●Levi's


あと4本>>
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-05 15:51 | etc...
家族って難しい『かいじゅうたちのいるところ』
b0181416_2048169.jpg

1963年に出版された世界的に有名な名作絵本、モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」をスパイク・ジョーンズが映画化した『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。子供の頃に私も読んだことのある絵本(でも子供の頃のセンダック絵本の私のお気に入りは「こぐまのくまくん」)。原作の絵本はとてもシンプル。文字数もとても少ないものです。その行間をステキなイマジネーションで埋めたスパイク・ジョーンズはスゴイ。原作者のモーリス・センダックが出来上がった映画にとても満足しているらしいのにも納得です。8歳のマックス(マックス・レコーズ)はイライラを抱える男の子。両親は離婚し、ママ(キャサリン・キーナー)には新しい恋人(マーク・ラファロ)がおり、ティーンエイジャーの姉クレア(ペピタ・エメリッヒ)もマックスの相手をしてはくれません。そんなマックスはママに怒られて「夕飯抜きで部屋にいること」を言いつけられます。大暴れして家を飛び出したマックスは走って走って走って、船に乗り海を渡り「かいじゅうたちのいるところ」に辿り着きます。そして、マックスはそこで出会ったキャロル(声/ジェームズ・ギャンドルフィーニ)、KW(声/ローレン・アンブローズ)、ジュディス(声/キャサリン・オハラ)、アイラ(声/フォレスト・ウィテカー)、ダグラス(声/クリス・クーパー)、ザ・ブル(声/マイケル・ベリー・Jr. )の"かいじゅうたち"の王様になることに……。絵本の世界観そのままな7人の"かいじゅうたち"が表情豊かでホントにチャーミング。この"かいじゅうたち"は昔ながらの着ぐるみで撮影され、表情だけ後からCGで合成したんだとか。最近のブルーバックで録った映画と違い、そんな「手アカ感」に"やさしい"印象を受けます。温かい光や色彩、"かいじゅうたち"のリアルな毛並みや鼻水に監督のこだわりが感じられます。子供だからこその不満だとか、どこにぶつけたらいいのか分からない怒りだとか、大人の理不尽さだとか…もう大人になってしまった私には忘れかけていたものをちょっぴり思い出し、懐かしくもあり切なくもあり…。でも「絵本の世界観がここまで再現されてるのってスゴイ!」っていうのが一番の感想で、元の絵本を知らなかったり、子供の時に読んだ記憶が無い人には「大して面白くないかも…」というのが正直なところ。でも、やっぱり改めてスパイク・ジョーンズはステキな監督さんだと思いました。(2010年公開作品/原題 Where The Wild Things Are)

星は4つ。★★★★☆

※そうそう、この"かいじゅうたち"の着ぐるみ作ったのはジム・ヘンソン大先生のジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップなんだよね。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-03 20:51 | DRAMA
過酷な時代を生き抜いたユダヤ人女性『ブラックブック』
b0181416_23273963.jpg

私の中ではゲテもの監督(?)なイメージの強いポール・バーホーベン監督(でも『ショーガール』は結構好き)が、23年ぶりに母国で録った『ブラックブック』を観ました。実話からインスピレーションを受けたユダヤ系オランダ人女性を主役にしたストーリー。『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』など第二次世界大戦下のユダヤ人を描いた映画はたくさんありますが、女性を主人公にしたものも、オランダ語の映画を観たのも初めてかも…。1944年、ナチス占領下のオランダ。ユダヤ系オランダ人の元歌手、ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)はキリスト教に改宗することを条件にドイツ人一家の隠れ家で暮らしていました。ある日、その隠れ家が爆撃を受け、ラヘルはレジスタンスの一人に助けられてドイツ軍から解放されたオランダ南部へ家族と共に逃亡することになります。しかし、待ち伏せしたドイツ兵に家族を皆殺しにされ、ラヘルはなんとか命からがら逃げ延びます。その後、別のレジスタンスのグループに助けられたラヘルはエリスと名乗り、ドイツ軍のムンツェ大尉(セバスチャン・コッホ)の元にスパイとして近づきますが、ムンツェ大尉の「良心」に触れ、本気で愛するように……。歴史的な史実、それに翻弄されながらも気高く生きる主人公、レジスタンスのメンバーの裏切り、とサスペンス要素も含め、ドキドキハラハラも楽しめますが、やっぱりこういう歴史があったということは事実なので観ていて切ない気持ちでいっぱいにもなります。本当に人間ってイヤな生き物…(ナチスだけが「悪」とは描かれていないんです)。文字通り体を張ってラヘルを演じたカリス・ファン・ハウテンという女優さんがとてもステキです。この人、『ワルキューレ』でトム・クルーズ演じるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の妻ニーナを演じてたみたいです(『ワルキューレ』は観たけれど全く記憶にナシ…)。ナチス関連の映画は「観たい」というより、「観ておかねば」という義務感から観ることが多いのですが、元気がある時じゃないと観られません。ユダヤ人に関しては何度か理解を試みているのですが、日本で温々暮らしている私にはいまいちピンとこないことばかりです(最近も「ユダヤ人」を読んだんだけれど…)。家のHDRには『灰とダイヤモンド』と『ニュールンベルグ裁判』がいます。そのうちにこれらも観ます。(2007年公開作品/原題 Zwartboek)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-02-02 23:33 | WAR



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧