nocopy
<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アレキサンダー・スーパートランプのロード・トゥ・マジックバス『イントゥ・ザ・ワイルド』
b0181416_1101787.jpg

引っ越し準備中の合間をぬって『イントゥ・ザ・ワイルド』を観ました。ショーン・ペンは俳優よりも私の中では監督作品の方が印象深いイメージ。といっても『クロッシング・ガード』と『11'09'01/セプテンバー11』くらいしか観たことが無いのですが…。この映画も何だか観た後にすーっと染み渡るような映画です。1人の青年がアラスカを目指すノンフィクション小説、ジョン・クラカワーの「荒野へ」が原作。1990年、裕福な家庭に生まれたクリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)は父親(ウィリアム・ハート)と母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の過去や不仲に心を痛め、世の中の物質主義や偽善者(両親)への怒りを秘めています。妹のカリーン(ジェナ・マローン)とは仲が良いものの、クリスは大学を卒業後に誰にも行き先を告げず黙ったまま放浪の旅に。車を捨て、お金を燃やし、歩いて広大なアメリカの大地を旅する間に、農場主のウェイン(ヴィンス・ヴォーン)、中年ヒッピーカップルのジャン(キャサリン・キーナー)とレイニー(ブライアン・ディアカー)、クリスに好意を寄せるトレーシー(クリステン・スチュワート)、ツライ過去を持つ老人ロン(ハル・ホルブルック)などとの出会いと別れを経験、そしてアラスカを目指しますが、辿り着いたアラスカで待っていたものはとてもツライ経験でした。「真理」を求め旅をするクリスは、あまりに純粋で繊細で時に痛々しいほど。完全にマテリアル・ガールな生活を送り、クリスよりも”ちょっと”年上の私には「共感できるか?」と問われれば、あんまりできはしないのですが…、それでも彼の真摯な姿勢には感動。長い映画はあんまり好きじゃないのですが、美しいアメリカの大自然と、北を目指し歩き続けるクリスの姿に148分はあっと言う間。とにかくこの映画はエミール・ハーシュが素晴らしい(そして、メガネ姿がカワイイ)。無邪気さも感じられる前半のクリスに対して、いろいろな経験を通して成長し、ツライ現実と戦う後半のクリスとのギャップがすごい。この後半の為にエミール・ハーシュは18kgも減量したそう(あの『マシニスト』状態、CGかと思った)。やっと分かった時には遅かったって、人生って残酷。(2008年公開作品/原題 Into the Wild)

星は3つ。★★★☆☆

P.S. お引っ越しをするため1週間ほどインターネット環境が無くなるので、BLOGをお休みいたします。引っ越し先は大好きな映画館まで徒歩10分の所。新作映画を観る機会が増えるかな。今から楽しみです。でも、準備が大変…。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-30 23:08 | DRAMA
デブでハゲでモテない脚本家のハッピートゥゲザー『アダプテーション』
b0181416_18163590.jpg

脚本家チャーリー・カウフマンが主人公の映画『アダプテーション』。他のチャーリー・カウフマンの映画と同じく「どこからこんな発想が生まれるの!?」というストーリー。はっきり言ってニコラス・ケイジは苦手なので観てるのがツラかった…。でも、最後まで頑張って観て本当に良かった!と思える映画。脚本家チャーリー・カウフマン(ニコラス・ケイジ)はデブでハゲで対人恐怖症の冴えない男。双子の弟ドナルド(ニコラス・ケイジ)との2人暮らし。同じ顔なのに話題が豊富で楽しいドナルドは女性にモテてるのに、チャーリーは好意を寄せてくれているアメリア(カーラ・シーモア)にもどうして良いのか分からず。そんなチャーリーですが、脚本を手がけた『マルコヴィッチの穴』の撮影が始まり、プロデューサーのヴァレリー(ティルダ・スウィントン)からは新しい仕事のオファーが。それはニューヨーカー誌の記者スーザン・オーリアン(メリル・ストリープ)が出版した「蘭に魅せられた男―驚くべき蘭コレクターの世界」の脚色。この本はエキセントリックな蘭コレクターのジョン・ラロシュ(クリス・クーパー)に密着したドキュメンタリー。仕事を受けたのは良いものの、初めての脚色に仕事は一向に進まず。時間だけがどんどん過ぎて行き、チャーリーは混乱し始めます……。映画は本を執筆中のスーザンと、その3年後にその本を脚色するチャーリーの2つのストーリーが並行して進みます。時間は飛ぶし、チャーリーのグダグダな心の声には、ちょっとウンザリ。でも、ウンザリし始めたあたりから何だかトンデモない展開に。まさかこんなラストがやって来るとは、全く想像が出来ませんでした。『マルコヴィッチの穴』の撮影シーンが出て来るので、実際に映画に出ていたジョン・マルコヴィッチやキャサリン・キーナーは本人役で出て来るし、メリル・ストリープ演じるスーザン・オーリアンも実在する人物だし、「蘭に魅せられた男-驚くべき蘭コレクターの世界 」も本当に出版されている本、でも実際のチャーリーは双子ではありません…と、フィクションとノンフィクションを上手く絡めた本当に面白いお話。映画業界の自虐ネタあり、裏話ありな感じも面白い。チャーリー・カウフマンって本当に謎な人。この映画を観るとチャーリー・カウフマンへの謎が深まるばかり…頭の中をのぞいてみたい。(2003年公開作品/原題 Adaptation.)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-26 23:19 | DRAMA
母は強し『チェンジリング』
b0181416_1414262.jpg

実際に1920年代に起こった「ゴードン・ノースコット事件」の被害者である子供の母親を描いたクリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』をやっと観ました。アンジェリーナ・ジョリーは好きですが、この映画の暗〜い感じに中々観る気が起きず、でも最近私の中でクリント・イーストウッド監督の評価がうなぎ上り(上から目線、そして今更…)なので観てみました。前情報として「子供がいなくなって見つかったけど、全然違う子供だった母親の映画でしょ」ってぐらいしか知らなかったのですが、女性にとって辛く悲しい時代の社会的なお話でした。1928年、LAで電話会社で働くクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は女性ながらも会社で主任を務めるシングルマザー。ある日、病欠した社員の代わりに息子のウォルター(ガトリン・グリフィス)に留守番をさせて仕事に向かいます。仕事から戻るとウォルターの姿が見えず、近所を探してもいません。警察に電話をかけるも「いなくなった子供の捜索は24時間経過しない決まり。そのうち帰って来ますよ」と取り合ってもらえません。しかしその後、クリスティンがいくら待ってもウォルターは帰って来ず、マスコミにも取り上げられるようになります。ところがある日、会社に警察がやって来て「息子さんが見つかった」とのこと。喜んだクリスティンですが、会ってみるとそのウォルター(デヴォン・コンティ)は全くの別人。しかし、注目があつまっている事件の為、間違えを認めたくない警察はクリスティンの「息子じゃありません」という訴えを強引にもみ消そうとします。そこに、クリスティンの事態を聞きつけた、LA警察の腐敗を暴く活動をしているブリーグレブ牧師 (ジョン・マルコヴィッチ)が救いの手を差し伸べます。一緒にLA警察と戦おうというブリーグレブ牧師に、始めは息子が帰って来ることだけを願っていたクリスティンでしたが、現実を知り立ち上がります……。オープニングのモノクロからふわーっとカラーに変わるあたりからちょっとワクワク。アンジェリーナ・ジョリーって最近は何を演じていても「アンジェリーナ・ジョリー」に見えてしまうのですが、この目の下のクマ(子供がいなくなってからは特に)が目立つ健気なシングルマザー役は良かったです。見た目は弱々しいけれど、芯は強く賢い女性はいかにもアンジーが好きそうな役…と思ったのですが、子だくさん母さんであるアンジーは、子供がいなくなる母親役は辛すぎて一度オファーを断ったみたい。LA警察の腐敗っぷりを描いた映画は『L.A.コンフィデンシャル』や最近(?)では『フェイク シティ ある男のルール』(観てないけど)などなど沢山ありますが、この映画も中心は権力を振りかざし、本当にヒドイ汚職や悪事に手を染め、自分たちの保身や利益しか考えていない当時の信じられない警察の体質を描いたもの。特に立場が弱かった女性の扱いは同性として腸が煮えくり返るほどです。ジェフリー・ドノヴァンが演じるジョーンズ警部が本当にイヤらし〜いポマード野郎で、憔悴し切ったクリスティンといいコントラスト。「あの子は息子ではない」と訴えるクリスティンを説得させようと、ジョーンズ警部があり得ない「息子が変わった」理由を言うシーンはコメディかと思えるほど。でも、これが実話だということを考えると背筋がゾッとしてしまいます。描き方は全然違うけれども、ペドロ・ アルモドバル監督の映画と同じくらいクリント・イーストウッド監督からの「女性への愛」が溢れた映画でもありました。アカデミー作品賞を当てたクリスティンは上司ベンとデートしたのかなぁ。(2009年公開作品/原題 Changeling)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-23 14:18 | DRAMA
Go! Go! Pussy Wagon!!


今さらですが、昨日まで来日していたレディ・ガガの「Telephone (feat. Beyonce)」のPVには、あの『キル・ビル』でブライドが乗っていた「Pussy Wagon」が登場しています。クエンティン・タランティーノが所有し、映画で使われた実際の物を借りたそう。このPV自体が『キル・ビル』と『パルプ・フィクション』へのオマージュなんだとか。私は見た時に『テルマ&ルイーズ』を思い出してしまいました。10分近くもあって短編映画の様なこのPVの監督はジョナス・アカーランド。チャン・ツィイーが殺人鬼役を演じたスリラー『ホースメン』なんかも撮っているみたいです。「Queer Eye for the Straight Guy」や「Groomer Has it」のジェイも出てる!

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-22 09:59 | etc...
ティム・バートン版 ホーンテッドマンション『ビートルジュース』
b0181416_9334750.jpg

観てからBLOGに上げるまでだいぶ時間が経ってしまいました…、先週、10年ぶりくらいで『ビートルジュース』を観ました。ティム・バートン監督の初期の作品。この間『恋するベーカリー』でアレック・ボールドウィンの太鼓腹を観たばかりだったので、この映画のアレック・ボールドウィンがフレッシュで同一人物には見えないほど…。田舎町に住むアダム(アレック・ボールドウィン)とバーバラ(ジーナ・デイヴィス)は新婚カップル。二人の趣味は家の改装。休暇の時も出かけずに、愛する家の手入れをして過ごします。ところがある日、2人は買い物帰りの途中に交通事故を起こして、そのまま帰らぬ人になってしまいます。ところが、あまりに家を愛するがあまり、2人はそのまま家に取り憑くゴーストになってしまいます。そのうち、空き家になった家には買い手が付き新しい一家が引っ越して来ます。N.Yからやって来た一家は実業家(?)の父チャールズ(ジェフリー・ジョーンズ)と自称彫刻家の母デリア(キャサリン・オハラ)、にゴスファッションの娘リディア(ウィノナ・ライダー)にデリアのインテリアコーディネーターの友人オーソ(グレン・シャディックス)。デリアは新しい家のインテリアをリフォーム。アダムとバーバラの趣味と全く違う物にしてしまいます。アダムとバーバラはなんとかそれを阻止しようと頑張りますが、まったく効果ナシ。そこで「アフターライフ」のカウンセラー、ジュノ(シルヴィア・シドニー)の反対も聞かずに"バイオ・エクソシスト"のビートルジュース(マイケル・キートン)に一家の追い出しを依頼してしまいます……そこで引き起こされるドタバタ喜劇。20年以上も前の映画なので「特撮しました」という古い感じはどうしても目についてしまいますが、それをカバーする監督のユニークな世界観が今観てもとってもステキな映画。ビートルジュースや砂漠の巨大ミミズ(?)は、その後の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンや子供を驚かせるモンスターに変化し、リディアはアダムとバーバラに出会わなかったら『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のミセス・ラヴェットみたいになっていたのでは?などなど、想像も膨らむ映画でした。(1988年公開作品/原題 Beetlejuice)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-21 23:33 | COMEDY
”愛息家”と”愛妻家”の異種友情物語『第9地区』
b0181416_113418100.jpg

アカデミー作品賞にノミネートされたことで知名度UP、先週末の全国週末興行成績は初登場第2位!(1位は『シャッター・アイランド』)になった『第9地区』を私も先週末に観て来ました。何度も繰り返し観たくなるような映画ではありませんが、ここ最近味わってなかった新鮮さのある本当によく出来た映画。映像でビックリさせられた『アバター』ももちろん面白かったですが、独創性溢れるこの映画を観ると「やっぱり映画とはこうあるべき」と思ってしまいました。なぜか突然、南アフリカのヨハネスブルグ上空に現れた巨大UFO。動くことも無く、ただ浮いているUFOの中にいたのは指導者を失い栄養失調になった大勢のエイリアンたち。世界中が見守る中、南ア政府は彼らを難民として受け入れます。その28年後、「第9地区」と呼ばれる隔離されたエリアに収容されていたエイリアンは数がどんどん増えスラム化、エイリアンの対応を請け負う国家機関MNUは新しく作った「第10地区」へ移住を計画します。その計画の指揮にあたったのがMNUで働くヴィカス(シャルト・コプリー/最新作は『特攻野郎Aチーム』、“H・M”マードック役!)。愛する妻タニア(ヴァネッサ・ハイウッド)はMNUのお偉いさんの娘。どう見てもマヌケ顔のヴィカスが抜擢されたことは、縁故で昇進したようにも…。そんなヴィカスは移住計画の為に「第9地区」のエイリアンたちに立ち退きの了解サインをもらうため、悪顔のクーバス大佐(デヴィッド・ジェームズ)らと共に「第9地区」へ向かいます。そこでヴィカスは、知能レベルの一際高いエイリアン、クリストファーのある物を見つけた為に大変なことになってしまいます……。映画はヴィカスが起こした「あの事件」を関係者が語る形で始まります。なので何のことを語っているのか始めは分からず、観ている内に「あぁ、そういうことね」と明らかにされていく流れ。おまけに関係者のインタビュー、監視カメラの映像、MNUへの取材班の映像、そして本物のニュース映像などを上手く挿みドキュメンタリー感を演出。グイグイ引き込まれてしまいます。なぜか「ネコ缶好き」でエビ似のエイリアンたちと、徹底的に彼らを差別し見下す人間。エイリアン増加の為の国家機関MNUの「移住計画」は建前で本当の理由は別。何よりも利益を優先する国家機関MNU、根拠の無い噂でエイリアンを差別する市民、エイリアンを相手に商売をするマフィア、エビ狩りを楽しむ軍…人間のイヤな汁が凝縮。結構グロいシーンもあります。前半、大げさに凡庸でマヌケに描かれたヴィカスが後半になるにつれ、凛々しくなっていき最後には気高ささえ感じるようにも!これは”愛息家”のエイリアンと”愛妻家”の男の異種友情物語でもあるんです。それから、南アフリカという舞台が持つ意味も…。一番印象的なキャラは未来を託された「キャンディおじさん」が好きなクリストファーの息子リトルCJ。見慣れればカワイイ、エビちゃん!バッドエンディングでもハッピーエンドでも無いところがまた深い。まだ31歳と若いニール・ブロムカンプ監督、今後の期待大です。(2010年公開作品/原題 District 9)

星は5つ。★★★★★

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-11 23:33 | SF
LEGOで映画ポスターを再現!
ネットサーフィン中に見つけたオモシロ画像。レゴで再現した映画のポスターたちを紹介しているBlogを見つけました。『E.T.』から『イングロリアス・バスターズ』など。クスッとできるカワイイポスター。


E.T.


アイ・アム・レジェンド


イングロリアス・バスターズ


もっと見たい方はこちら>>

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-10 23:49 | etc...
ティーンエイジャー版「裏窓」『ディスタービア』
b0181416_15334091.jpg

旬な女優キャリー・マリガンと付き合っているシャイア・ラブーフ(2人は『Wall Street: Money Never Sleeps』で共演)と、『ラスベガスをぶっつぶせ』でもいい味出してたアーロン・ヨーのコンビが中々面白い『ディスタービア』。ケール(シャイア・ラブーフ)は父親を亡くしたことから立ち直れていない高校生。ある日、スペイン語の授業で教師を殴ってしまい、3ヶ月の自宅軟禁に。おまけに自宅から絶対出れないように足首には監視用のセンサーを付けられてしまいます(家から出てライトが緑→赤になるとパトカーが来る)。母親ジュリー(キャリー=アン・モス)にクレジットカードを止められ、オンラインゲームもネットショッピングも出来なくなったケールは暇つぶしに近所の「覗き」を始めます。最初は妻のテニス中に家政婦と不倫している夫、隣に引っ越して来たアシュリー(サラ・ローマー)の水着姿、ママに隠れてこっそりポルノ・チャンネルをみるガキ、1日2回も芝の手入れをする隣人などを親友ロニー(アーロン・ヨー)とオモシロ半分に覗く程度でしたが、TVのニュースで見た「赤毛女性連れ去り事件」の犯人の車と似たマスタングが隣の家のガレージに入って行くところを見てから、隣人ターナー(デヴィッド・モース)を怪しみ始め、覗き強化。そんなある日、ターナーの家で赤毛女性が襲われているところを目撃したケールはロニーと、親しくなったアシュリーと共にターナー宅侵入作戦を実施します……。ティーンエイジャー向けな感はありますが『リバー・ランズ・スルー・イット』なオープニングから『シャイニング』な要素まで、サスペンスありホラーありロマンスありの楽しい映画。『裏窓』のジェフは骨折して車椅子でしたが、ケールは監視用のセンサーと現代的に。望遠レンズ付きカメラから時代はデジカメ、PC、携帯電話に移り殺人犯を追いつめますが、肝心なところで女性に助けられるのは一緒。突っ込みどころも結構ありますが、テンポが良くてサクッと観られる娯楽映画。(2007年公開作品/原題 Disturbia)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-10 23:33 | SUSPENSE
ママの仇!オタク息子のスパイ大作戦『殺しのドレス』
b0181416_14315197.jpg

ブライアン・デ・パルマ監督の”エロチック”サスペンス『殺しのドレス』。随分と昔に観た事があるような…無い様な気がするこの映画。当時は聞き慣れない言葉だった「トランスセクシュアル」とか「二重人格」とかいう言葉の魔力は弱くなったものの、今観てもドキドキする魅力あるシーンが多数。色褪せないサスペンス映画です。ケイト(アンジー・ディキンソン)は中年になった今でも魅力的な女性。でも、夫マイク(フレッド・ウェバー)との性生活には不満を抱き、コンピューターに夢中の息子ピーター(キース・ゴードン)も構ってはくれず、かなりの欲求不満です。そんな、むらむらケイトは定期的に精神科医エリオット(マイケル・ケイン)の元に通い、不満を吐露しています。ある日、ケイトはエリオットの元に通った後にメトロポリタン美術館へ。そこで出会った全く知らない男に誘われ、そのまま男の部屋で…。部屋から帰る途中、エレベーターの中で指輪を忘れた事に気がついたケイトは、男の部屋に戻ろうとします。そこに突然、カミソリを持ったブロンドの女が現れ、ケイトはカミソリで滅多切りされ死亡。そんな所に現れたのが高級コールガールのリズ(ナンシー・アレン)、リズはケイトの死体を発見し犯人を目撃します。その為、リズは犯人に追われることに……。この映画、エレベーターのシーンが有名ですが美術館のシーンが印象的。ベンチに座り、周りの人を観察しながらボーッと「買い物メモ」を取るケイトの行為って、すごく女性的(私もよくやる!)。些細な事だけれどデ・パルマ監督、女性をよく知ってるなぁ。と思ってしまいました。おまけにこのシーンは無音!この後、隣に座った知らない男とのチェイスシーンにつながっていくのですが、このシーンのドキドキ感をより引き立てます。後半は、あんな死に方をしたのに母親の為にがんばる健気なピーターと、稼いだお金を投資に使う、イマイチ賢いんだか賢くないんだか分からない娼婦リズのスパイ大作戦。ある意味、マイケル・ケインの○装姿が観られるだけでも価値があるかも(?)(1981年公開作品/原題 Dressed to Kill)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-09 23:31 | SUSPENSE
#54 ステキな「映画のTitle Sequence」
『ビートルジュース』



にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-04-08 23:50 | TITLE SEQUENCE



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧