nocopy
<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
トラウマ男の…『シャッターアイランド』
b0181416_15162473.jpg

随分と意味深なコピーで「謎解きもの」や「衝撃のラスト」のイメージを植え付けられていた『シャッター アイランド』を観てみました。20年前に観ていたら「衝撃のラスト」だったであろう映画でした…。1954年、精神を病んでいる犯罪者を収容する精神病院(刑務所)しか無いボストン沖の島「シャッターアイランド」に失踪した女性患者の調査に訪れた連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)。この事件で初めて組んだ相棒のチャック(マーク・ラファロ)と、密室から失踪した女性患者レイチェル(エミリー・モーティマー)の捜索にあたります。院長ジョン・コーリー医師(ベン・キングスレー)の協力のもと捜査を進めるテディとチャック。しかし、テディがこの島にやって来た理由は別にあったのでした…。1950年代の雰囲気、孤島の精神病院、精神を病んだ犯罪者、あやしい精神科医、ひどい嵐、切り立った崖、死んだ妻、謎の子供たち…あぁ、妖しげで魅惑的なキーワード。水やタバコの煙などを生かした映像は美しいし、すごくカッコいいです。レオナルド・ディカプリオもまた眉間にシワを寄せて苦悩しています。でも、最近観たディカプリオ作品の『インセプション』と自分の中で、かぶってしまってちょっと混乱。妻を亡くしたトラウマ男、眉間にシワを寄せる苦悩男、幼い子供を持つ父親、死んだ妻(シェル・ウィリアムズとマリオン・コティヤール)の幻覚にいろいろと言われる男…。おまけにこの映画の湖畔の家と『インセプション』の子供が待つ家(ラストシーンの)って雰囲気が似ていませんか?おまけに元々、レオナルド・ディカプリオの童顔が…。きっと後20年くらいしたら、味のあるいい俳優さんになってるんでしょうけどね。散々コピーで期待させられていたものの、古くはヒッチコックの『サイコ』、最近では『シックス・センス』や『ファイト・クラブ』や『メメント』を観てしまった現代人には、この結末は「衝撃のラスト」では無く「普通のラスト」だったのでは?(2010年公開作品/原題 Shutter Island)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-26 23:15 | SUSPENSE
コルレオーネ家のお話『ゴッドファーザー』『ゴッドファーザーPARTII』『ゴッドファーザーPARTIII』
b0181416_2171854.jpg

3連休に『ゴッドファーザー』3本立て。一度はキチンと観なければいけないと思っていたこのシリーズ。なんとな〜く観た記憶はあるのですが、おそらく十年以上前のことなので再鑑賞。この手の映画は実は苦手。マフィアなどの犯罪映画は好きなのですが、この時代の男の人ばかりしか出て来ない映画は、観てるうちに誰が誰だか分からなくなる…。おまけに出てくる人はイタリア系ばっかり、みんなダークヘア、みんな同じ様な格好…。オットと観てる間ずっと、「これ誰だっけ?」「○○って何した人だっけ?」「これって誰の若い頃?」と質問攻めにし、うんざりされました…。ストーリーはご存知イタリア・シチリア出身のマフィア、ドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)のファミリーを描いたもの。1ではドン・コルレオーネの娘コニー(タリア・シャイア)の華やかで賑やかなイタリアン結婚式から始まり、ドン・コルレオーネが襲撃された事件や、長男ソニー(ジェームズ・カーン)の死とドン・コルレオーネの最期など、2ではヴィトー・コルレオーネの少年〜青年期(ロバート・デ・ニーロ)と、父の後を継ぐ羽目になった3男マイケル(アル・パチーノ)の苦悩、3では裏の稼業から足を洗ったマイケルの財団と、ソニーの息子ビンセント(アンディ・ガルシア)とマイケルの娘メアリー(ソフィア・コッポラ)のロマンスが描かれています(もの凄くざっくり、おまけに観終わってから時間が経ってしまったもので…)。映画を観る時には圧倒的に女性の登場人物を中心に観てしまうので、マイケルの妻ケイ(ダイアン・キートン)に注目。若い頃のダイアン・キートンってチャーミング。細い眉に、真っ赤なコート。映画では色んな時代の女性のファッションも楽しみするのですが、この映画ではダイアン・キートンと3に出て来るソフィア・コッポラくらいでしか楽しめませんでした…。いくら口では「家業には関わらない」と言ったって、中々難しいよね…。ケイは本当にマイケルが継がないと信じてたのかなぁ。でも、マイケルに堕胎したことは言っちゃダメだよね。登場人物は男の人ばかりで、犯罪やマフィアを題材にはしていますが中身はファミリーを守ろうとする男二代の生き様を描いた内容。テーマは「家族愛」です。評価の高い歴史に残る名映画なのは存じておりますが、1回観ただけでは私には理解しがたく…、2回目観るには長いし…(1/175分、2/200分、3/162分)。

(1972年公開作品/原題 The Godfather、1975年公開作品/原題 The Godfather Part II、1991年公開作品/原題 The Godfather Part III)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-25 23:16 | CRIME
ステキなポスター『Due Date』
b0181416_01459.jpg
b0181416_005054.jpg

色んな意味で本当に楽しみにしている映画『Due Date』!『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス監督の最新作。ロバート・ダウニー・Jrと前作に続きザック・ガリフィアナキスとまたしてもクリームのフレンチブルドッグ♥が出演!

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-24 23:02 | etc...
今1番、映画館で観たい映画!『スコット・ピルグリム対セカイ(仮)』!!
b0181416_16141798.jpg

大好きなエドガー・ライト監督の最新作『スコット・ピルグリム対セカイ(仮)』。日本公開決定と、どこかで読んだ気がするので「いつ公開なのかなぁ?」なんてのんきに構えていたら、アメリカでの興行収入が悪く…日本での公開が危ぶまれていました。大変!このままでは劇場で観られない〜(涙)!マイケル・セラ好きなのに〜!ニッポンジン・キャスト(斉藤慶太・翔太)も出てるのに〜!と思ったら、『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』や『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を署名運動で救済した映画ライターのわたなべりんたろうさんが、またがんばって下さっています。署名して『スコット・ピルグリム対セカイ(仮)』を映画館で観よう〜!

にほんブログ村 映画ブログへ

『スコット・ピルグリム対セカイ(仮)』trailer>>>
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-21 16:17 | etc...
ステキなポスター『Let Me In』
b0181416_1247851.jpg
b0181416_1248332.jpg
b0181416_1248209.jpg
b0181416_12472096.jpg

アメリカでは来月から公開される『ぼくのエリ 200歳の少女』のリメイク作『Let Me In』。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。少年(オリバーじゃなくて)オーウェンを演じるのは『ザ・ロード』のコディ・スミット・マクフィー、少女(エリじゃなくて)アビーを演じるのは『キック・アス』のクロエ・モレッツ。『ぼくのエリ 200歳の少女』はとても好きな映画なのだけれど、リメイク版も評判がいいらしいです。早く見比べてみたい!

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-18 13:05 | etc...
#59 ステキな「映画のTitle Sequence」
『ワイルドバンチ』


にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-18 02:01 | TITLE SEQUENCE
映画関連のiPhone App
b0181416_1818379.jpg

iPhoneを愛犬に齧られたために、最近iPhone4に買い替えました。そこでまた再熱したのが面白いApp探し。基本、有料のAppはあまり買わないのですが無料のものでも楽しいAppはたくさんあります。そんな私のiPhoneに入っている映画関連のAppをご紹介します。

【日本語で読める映画情報】
映画.com
映画NAVI-LOVE CINEMA-
映画情報「myシアター」
シネマトゥディ
(待ち時間や手持ち無沙汰の時にはこれらのAppをチェックします)

【硬派な映画情報】
IMDb Movies & TV
(やっぱり映画の情報量は一番多いサイト「IMDb」のApp。「あれって誰だっけ?」から「あの映画の評判ってどうなの?」まで何でも調べる事が出来ます。ただ日本語は対応していないため、邦題で調べたいときはローマ字で入れるというビックリな対応。でも出て来る情報は英語です。)
Variety
(アメリカのエンタテインメント業界紙「Variety」のApp。ゴシップでは無い業界情報が読めます。でも英語なんだけどね。)

【オスカーの時期が近づいたら】
VANITY FAIR HOLLYWOOD
(アカデミー賞の授賞式の後に大きなアフターパーティーをやることで知られる雑誌「VANITY FAIR」のApp。受賞者のキレイな画像が見られたり、どの作品が受賞するかなどの投票が出来るみたいです。英語のみ)

【映画を観に行く前に】
iBoxOffice
(アメリカのBoxOfficeの情報や「Rotten Tomatoes」のtomato materも見られるApp。でもすぐ落ちる…。安定してないのが悲しいところ。英語のみ)
Filmtrailer
(いろんな映画のtrailerが見られるApp。英語のみ)

続き>>>>>
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-17 18:28 | etc...
行動した男と家族の愛『サルバドールの朝』
b0181416_571367.jpg

スペインの反政府活動家だった実在する人物、サルバドール・プッチ・アンティックが25歳で死刑が執行されるまでの実話を描いた『サルバドールの朝』。このサルバドールはスペインで最後に死刑を執行された2人のうちの1人であることで有名な人物らしいです。悪名高いフランコ政権末期のスペイン、サルバドール(ダニエル・ブリュール)はかわいいGFのクカ(レオノール・ワトリング)がいる普通の青年ですが、一方で「世の中を変えたい」という強い思いから反政府組織 MIL(the Movimiento Iberico de Liberacion)に参加、活動にのめり込みます。「自分たちは絶対につかまらない」という根拠の無い自信で、仲間と銀行強盗をして活動資金にあてる日々。しかし指名手配されたMILのメンバーは、ひとり、またひとりと警察に捕まり、サルバドールにも警察の手が。追いつめられたサルバドールは警官たちともみ合ううちに、自分も大怪我を負いますが、警官をひとり射殺してしまいます……。実話が元になっているので、サルバドールが死刑になるのは分かっていること。刑務所で弁護士アロウ(トリスタン・ウヨア)に自分の過去を振り返る形でお話は始まります。正直、フランコ政権がどんなもんだったのか、歴史的なことはあんまり知らず…。もちろん、サルバドール・プッチ・アンティックがどんな人物だったのかも知りません。でも映画を観る限り、申し訳ないけどサルバドールには共感できないなぁ…。目を背け沈黙するよりも行動を起こしたことは立派だと思いますが、やり方が…。看守に「お坊ちゃんの革命ごっこ〜」みたいなことを言われるシーンがありましたが、確かにそんな風に言われてしまうのは、しょうがないかも。でもだからって、それと大した調査もせずに見せしめ同然に死刑にするのは!おまけに死刑のやり方にビックリ!前日にほいほいっと、木材とネジで作ったような代物で…(ガローテというらしいです)。サルバドールの若さ故の理想や無謀さは『イントゥ・ザ・ ワイルド』のクリス・マッカンドレスを連想。たぶん、生まれてくる時代がもっと遅かったら、普通にいい青年で世の中のために役立つ様な職業に就いて普通に生活してただろうに…。それにしてもMILの人たち、ちょっと脇が甘過ぎる…。自分の本物の免許証で借りたレンタカーで強盗したり、サルバドールは自分のIDやその他活動に大事な物が入ったカバンをゲームセンター(?)に忘れて来るって、どういう事よ?? 死刑を扱った映画なのに、結構カッコいいシーンや音楽が多いのが新鮮。それと、オープニングとエンディングの本物のニュース映像が印象的でした…。彼の死刑後スペインの人々が政治に興味を持ち始め、スペインは変わり、サルバドールの家族は今でも正しい裁判が行われることを願い再審請求しているんだそうです。(2007年公開作品/原題 Salvador)

星は3つ。★★★☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-16 23:11 | DRAMA
ドラマ『ゴシップ・ガール』のタイトル(SEASON 1)
b0181416_19194689.jpg

NY、マンハッタンの金持ち高校生のハイソサエティな生活を描いたドラマ『ゴシップ・ガール』。日本でもDVDが発売され、「スーパー!ドラマTV」や「日本テレビ」の放送で人気に。出演しているのセリーナ役のブレイク・ライブリー、ブレア役のレイトン・ミースター、ジェニー役のテイラー・モムセンは今やパパラッチに追い回されるヤングセレブです。ただ今、アメリカではシーズン4が放送中(私はシーズン1までしか観ていませんが…)。そんな『ゴシップ・ガール』の英語タイトルは、毎回映画のタイトルの「もじり」で面白いんです。シーズン1のタイトルのまとめてみました。何の映画の「もじり」なのか分かりますか??

1.(Pilot版なのでタイトル無し)
2. The Wild Brunch  
3. Poison Ivy  
4. Bad News Blair  
5. Dare Devil  
6. The Handmaiden's Tale  
7. Victor, Victrola  
8. Seventeen Candles  
9. Blair Waldorf Must Pie!  
10. Hi, Society  
11. Roman Holiday  
12. School Lies  
13 The Thin Line Between Chuck and Nate  
14. The Blair Bitch Project
15. Desperately Seeking Serena 
16. All About My Brother
17. Woman on the Verge 
18. Much 'I Do' About Nothing

答え>>>>
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-15 19:36 | etc...
ステキ(?)なポスター『Black Swan』
b0181416_1113432.jpg

ナタリー・ポートマンとミラ・クニスのレズビアンなラブシーンや、ナタリー・ポートマンが現BFのバレエダンサー、ベンジャミン・ミルピエと付き合うきっかけになったバレエ界を舞台にしたスリラー映画『Black Swan』。ナタリー・ポートマンの奇抜なメイクはアミダラで見慣れているけど、このポスターは怖い。監督はダレン・アロノフスキー。出演はナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー、ヴァンサン・カッセル。全米公開は12月ですが、ヴェネチア国際映画祭でも上映され、とっても評判がいいらしいです。ナタリー・ポートマンは「オスカーのノミネート確実!」なんて声も。

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2010-09-14 11:02 | etc...



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧