nocopy
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
いろんな意味で大きくなったアリス『バイオハザードIV アフターライフ』
b0181416_101662.jpg
『バイオハザード』シリーズ4作目『バイオハザードIV アフターライフ』を観ました。ゾンビ映画は好きなので、何だかんだ言いながらも1作目から観ています。1作目を監督した後は主に、製作や脚本で関わっていたポール・W・S・アンダーソン監督が再びメガホンを撮ったこの映画、いろんな意味で時代の流れを感じることに……。『バイオハザードIII』から5年後の東京・渋谷。駅前のスクランブル交差点でひとりの少女(中島美嘉)が“T-ウィルス”に感染したところから始まります。「打倒、アンブレラ社!」を胸に“T-ウィルス”に感染していない生存者を探す旅を続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。前作で安全な未感染の地、アラスカのアルカディアへ向かったクレア(アリ・ラーター)たちを探しにアリスはアラスカへ向かいますが、再会したクレアは記憶喪失。おまけにアルカディアは安全な場所などでは無く、集まった人々は行方不明。アリスは記憶を無くしたクレアと共にL.Aへ向かい、そこで刑務所に逃げ込んだクリス(ウェントワース・ミラー)ら生存者たちに出会います……。確かに『バイオハザード』シリーズは「どこかで観たような…?」といったシーンはあっても、それを大して気にさせない世界観とバッタバッタとゾンビを倒すアリスのアクションで楽しめた気がするのですが、今作はそれがなんだか弱くて、いまいち…(映画館で3Dで観てればもっと違ったのかも知れませんが)。アルバート・ウェスカーなんて『マトリックス』のネオとエージェント・スミスを足して割った様な人にしか見えない。そしてミラと同世代の私としては、とっても言いたく無いことなのですが…アリスがもたついてアクションに切れが無くなってるよ〜(“T-ウィルス”に老化防止の効果は無いのね…)。1作目では24歳だったらしいアリス、『バイオハザードIII』が『バイオハザードII アポカリプス』の8年後、今作が『バイオハザードIII』から5年後の設定らしいので1作目からはざっと13年以上は経っていることに(と、なるとアリスは37歳オーバー?)。それだと、1作目の『バイオハザード』が公開時に27歳だったミラも、今作までの間にポール・W・S・アンダーソン監督と結婚し、エヴァーを出産し、35歳になった現在でも年齢的にはしっくりくるのか…、ううむ。クレア演じたアリ・ラーターも34歳でミラと同世代(私とも!)。歳は近くとも、“やっと売れて来た”アリ・ラーターの方がアクションに気合いが入っていたように見えたのは、気のせいじゃないはず。続編が決まっておりミラは出演するとかしないとか言われていますが、アラフォーにもうアクションはキツいよね。と、考えるとアンジェリーナ・ジョリーはやっぱりスゴイなぁ。(2010年公開作品/原題 Resident Evil: Afterlife)

星は2つ。★★☆☆☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2011-01-30 23:59 | ZOMBIE&VAMPIRE
サニー!サニー!サニー!!『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』
b0181416_1711471.jpg
首を長くして待っていた『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』を公開2日目に観て来ました!(Blogに書くのが大変遅くなりました。汗)去年の私のBEST10の『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス監督作品です。何が一番の楽しみかと言えば、フレンチブルのサニーくん!その為に私は、最近あんまりやらなくなっていた「過剰に期待する」という失敗を…。短気な男ピーター(ロバート・ダウニー・Jr)は出張先のアトランタからLAに飛行機で帰る途中、空港でヒゲ面の俳優志望のイーサン(ザック・ガリフィアナキス)に関わってしまい、この疫病神・イーサンのせいで飛行機に登場拒否される羽目に。初めての子供の出産日を5日に控えたピーターは妻クリスティン(ミシェル・モナハン)の待つLAに何が何でも帰りたい!でも財布を無くして帰れない!そんな困っていたところ、イーサンの「車でLAまで行こう」という提案にしかたなく乗り、2人は一緒に車でLAを目指します……。『ハングオーバー 〜』と同じく男の友情を描いたコメディ。男子ウケするお下劣ジョークも面白いし(決してキライでは無い)、映画館でみんなで声を上げて笑う一体感みたいなものも感じられた楽しい映画。でも…、またしてもエキセントリックな役のザック・ガリフィアナキス。ほとんど『ハングオーバー 〜』のアランで、もうちょっとお腹いっぱいな感じ。イーサンとピーターの友情の育み方もちょっと急な感じがして、男子の“悪ノリ”ばかりが鼻に付き、『ハングオーバー 〜』で抱いた“愛すべきバカ男”な感情をイーサンとピーターにはちっとも抱けず…。そんな中、救いはイーサンの愛犬サニーくん!ワッフルハウスで子供用の補助イスにちょこんと座るサニーくん。エリザベスカラーのサニーくん。スナック菓子を食べるサニーくん。トラックの荷台で飛び上がるサニーくん。ラリッちゃうサニーくん。期待通りサニーくんは超キュート!犬を飼っていない方はピンと来ないかもしれませんが、このサニーくんはものすごい演技派!サニーくんのドッグトレーナーのMark Hardenは有名なアニマルトレーナー。『HACHI 約束の犬』でもハチを演じたフォレスト、レイラ、チーコを担当したそうです。この映画の一番の見どころはサニーくんの○○シーンです!笑(サニーくんの“get the carrot”はここでも見られます)どうやって教えたんだろう?本当にスゴイ!どうやら、サニー“sonny”くんを演じたフレンチブルドッグは女の子。そして本名もサニー“sunny”ちゃん。(道理でずいぶん小柄な男の子だと思った!)犬嫌いのピーターを演じたロバート・ダウニーJr.は本当は犬が大好きで、サニーちゃんにメロメロに。実際に飼いたいと思いサニーちゃんの飼い主に譲ってくれるように頼んだけど断られたんだとか。なので、犬嫌いな演技をするのはとっても辛かったらしいです。フレンチブルドッグ・ファンにはサニーくんの登場場面も多くてウレシい映画ですが、それ以上の期待をしてしまった私には…。特に前作の『ハングオーバー 〜』と比べてしまうと…。観終わった後は我が家の愛犬ファニーに会うべく、急いでお家に帰ったのでした。サニーくんもキュートだけど、やっぱりうちの子が一番。(2011年公開作品/原題 Due Date)

星は3つ。★★★☆☆(サニーのキュートさと演技力に+★ひとつ)

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2011-01-23 23:10 | COMEDY
カジキマグロを釣った“Asshole”『ソーシャル・ネットワーク』
b0181416_13191480.jpg
今年の初試写会で『ソーシャル・ネットワーク』を観て来ました。Facebookの創立者であるマーク・ザッカーバーグを主人公にした話題のこの映画。私自身、Facebookはアカウントだけとってあるものの全くやっておらず…。観終わった後は「マーク・ザッカーバーグって嫌なヤツ!Facebookなんて絶対にやらん!」と思うかと思っていたのですが、そんなことは全然ありませんでした。ストーリーは2003年、ハーバード大学のイケてない男子学生、マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)がボストン大学に在学するGFのエリカ(ルーニー・マーラ)にこっぴどく振られる所から始まります。その後、酔っぱらったマークは振られた腹いせにBLOGにエリカの悪口を書き込み、親友エドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)の助けを借りてハーバード大学の全ての寮のオンライン名簿をハッキングして女子生徒の顔写真を集め「どっちがイケてるか」を投票出来るサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げます。大学から処分を受け女子生徒からは大ブーイングされるも、自分の優れたプログラマーとしての能力を周りに知らしめることに。そこでボート部のイケてる双子のキャメロン&タイラー・ウィンクルボス(アーミー・ハマー/この双子、演じているのはひとりの俳優!)とディビヤ・ナレンドラ(マックス・ミンゲラ)から自分たちが立ち上げようとしているSNSを手伝ってくれるように頼まれます。しかし、イケてる彼らを手伝う気なんて毛頭なかったマークはそれをヒントにエドゥアルドと自分たちのSNS「The Facebook」を立ち上げ→それはドンドン大きくなって行き→マークは一気に「イケてない“ださい”オタク」から「イケてる“すごい”オタク」に……。実在する人物が主人公なので、ある程度は知られているストーリー。マーク・ザッカーバーグ自体が興味深い素材であることは事実ですが、デヴィッド・フィンチャーの料理の仕方は上手いなぁ。映画の中でほとんど笑いもせず、他人に全く共感しないマークはなんだか観ていて気の毒になるほど。そんなマークと親友でいられたエドゥアルドやGFだったエリカがどんだけイイ人だったんだろう…と思ってしまいます。でも、Facebookのアイデアを思いついた2003年時のマークって19歳!まだ19歳!いくら“天才”でも、この年齢を考えると「イイ人」たちよりもカリスマ性と口だけ達者なイカれショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレーク)みたいな人にノセられてしまうのも、振られた腹いせにBLOGにエリカの悪口書くのも、エドゥアルドを裏切る羽目になっちゃうのも、まぁまぁ分かるかなぁ…。ノンフィクションというもののドキュメンタリーな訳では無いので、これはある意味フィクション(エドゥアルドと双子たちに訴えられたことは事実ですが)。「この映画で自分のイメージが悪くなることを恐れたマーク・ザッカーバーグが映画公開前にあっちこっちに寄付をした」ってエピソードもなんだかカワイく思えます(だって今まだ26歳!)。いつの時代も“天才”は孤独で変人。個人的にはFacebookを立ち上げ、推定総資産額約40億ドル(約3300億円超)になる前のマーク・ザッカーバーグよりも、これからのマーク・ザッカーバーグの人生の方が気になります。(2011年公開作品/原題 The Social Network)

星は4つ。★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2011-01-14 23:16 | DRAMA
2010年度 映画のまとめ
b0181416_18162180.jpg
あけましておめでとうございます!と言うにはちょっと時間が経ってしまいました。年末にヒドい風邪を引き、そのままズルズルと更新を怠ってしまったこのBLOG(年末に観たのに書いていない映画が数本…)、でも今年もステキな映画にたくさん出会いたいと思います。2011年もどうぞよろしくお願いいたします。2010年に観た新作映画は30本ちょっとくらい。そして今年も「日本インターネット映画大賞」に投票します。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「Dr.パルナサスの鏡」   1点
  「ローラーガールズ・ダイアリー」   5点
  「第9地区」   4点
  「ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」   3点
  「ハーブ&ドロシー」    2点
  「マイレージ、マイライフ」    3点
  「(500)日のサマー」   2点
  「キック・アス」   4点
  「ぼくのエリ 200歳の少女」   4点
  「人生万歳!」    2点
【コメント】
2010年は「ガール・パワー(ガールな見た目だけのヒトも含む)」な映画が面白かったです。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ドリュー・バリモア] (「ローラーガールズ・ダイアリー」)
【コメント】
初監督作とは思えないスバラシイ作品。これぞ、女の子の女の子による女の子のための映画!これからも観るとハッピーになる女の子の映画をドリューには撮って欲しいです。

【主演男優賞】
   [カーレ・ヘーデブラント] (「ぼくのエリ 200歳の少女」)
【コメント】
雪の白と血の赤、そしてそこに映えるカーレの蒼眼とオカッパ金髪!

【主演女優賞】
   [エレン・ペイジ] (「ローラーガールズ・ダイアリー」)
【コメント】
個人的に「インセプション」のエレンにはちょっと不満。でもこの映画では、とにかくキュート!

【助演男優賞】
   [ニコラス・ケイジ] (「キック・アス」)
【コメント】
ニコラス・ケイジは嫌い。でもビッグダディは好き。

【助演女優賞】
   [シェール] (「バーレスク」)
【コメント】
彼女が出演してなかったら「バーレスク」は魅力半減。もっとシェールの歌声が聞きたかった〜。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [クロエ・グレース・モレッツ] (「(500)日のサマー」「キック・アス」)
【コメント】
『Let Me In』の公開も控えてるし、2011年は彼女に注目したいと思います。

【音楽賞】
  「キック・アス」
【コメント】
 ヒットガールの戦闘シーン!などなど、音楽もカッコよかった。

【ブラックラズベリー賞】
  「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
【コメント】
“ゼウスの稲妻”が蛍光灯管みたい…。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [ステキな夫婦♥賞] (「ハーブ&ドロシー」)
  「ハーブ&ドロシー・ヴォーゲル夫妻」
【コメント】
あまりドキュメンタリーは観る機会は無いのですが、この映画は私の人生で
ドキュメンタリー映画BEST3に入ります!ヴォーゲル夫妻のチャーミングなこと!
こんな風に歳を重ねて行きたいなぁ。と思います。長い人生、現実には画面からは
分からないゴタゴタなんかもあったでしょうが、本当にステキなご夫婦!
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。
-----------------------------------------------------------------

にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by aiko_kiz | 2011-01-12 18:24 | etc...



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧