nocopy
ナチスの良心『ワルキューレ』
b0181416_15173930.jpg

トム・クルーズがヒトラー暗殺を狙った大佐を演じ、配給会社が変わったり公開日が二転三転した『ワルキューレ』。実際に起こったヒトラー暗殺未遂事件(ワルキューレ作戦)のお話です。アフリカの戦地で怪我を負い、片目と片腕を失いながらも高い志を持って暗殺計画を実行したクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐をトム・クルーズが演じています。歴史に疎い私でも「ヒトラーは暗殺されて死んだのでは無い」という事は“なんとなく”知っているので、この映画の結末は分かるもの。戦争映画に付きものの、みんな軍服、男ばっかり、おまけにドイツ人の名前は覚えられない、誰が誰だか分からなくなる…に悩まされながらも、スリリングにストーリーは進みます。この映画は歴史を知らないと面白さが半減する映画です。ブライアン・シンガー監督は徹底的に史実に基づき、実際の場所や忠実に再現したセットで撮影を行なったんだそうです。私は終始、自分の無知さを痛感しながら観る羽目に。でもこれを機に、最近AXNで始まったナチス占領下のワルシャワでのユダヤ人を描いたドラマ『アップライジング』が面白いし、この時代を舞台にした映画は最近観ただけでも『キャバレー』『愛を読むひと』 『サウンド・オブ・ミュージック』など多いので、ちゃんと勉強してみようと思いました。トム・クルーズの他にもビル・ナイ、ケネス・ブラナー、この間『プリシラ』で観たばかりのテレンス・スタンプなど渋い役者が脇を固めています。「ナチスの制服を誇りを持って着られる役はこの役しか無い」と張り切ってシュタウフェンベルク大佐を演じていたトム・クルーズですが、シュタウフェンベルク大佐は反ナチス運動のヒーローで、敬虔なカトリック信者。なので、大佐の遺族からは非難ブーブーだったらしいですね。トム・クルーズといえばサイエントロジー。おまけに、商業色の強い「ハリウッド映画に利用される!」と思われても仕方ないですね。(2009年公開作品/原題 Valkyrie)

勉強してからもう一度観よう。
星は3つ。★★★☆☆

顔はちっとも似ていませんね>>
[PR]
by aiko_kiz | 2009-08-01 15:22 | WAR
<< 106分の痴話ゲンカ『ハニー ... 「It's a Sma... >>



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧