nocopy
2009年 07月 13日 ( 1 )
幽霊とは何か?『デビルズ・バックボーン』
b0181416_15341294.jpg

ギレルモ・デル・トロ監督、ペドロ・アルモドバル製作ときたら観ない訳にはいかない『デビルズ・バックボーン』。舞台は1930年代の内戦下のスペインの人里離れた孤児院。義足の院長、孤児院の中庭に突き刺さった大きな不発弾、地下の深い水槽、大きなナメクジ、人間の胎児をアルコールに漬けた「リンボの水」とやら、骨が透けておでこからユラユラと血を流す少年の霊、乾いた大地に澄み渡る青空…相変わらず、独創的でダークなデル・トロ監督の世界観です。内戦で親を亡くし事情も分からないままサンタ・ルチア孤児院に連れてこられたカルロス(フェルナンド・ティエルブ)。彼に与えられた12番のベッドは、砲弾が中庭に落ちた日から行方不明の少年サンティのベッドでした。その日から彼の前に現れるサンティの霊。幽霊が出て来て、おどろおどろしい雰囲気があるのでジャンル的にはホラーになるのでしょうが、この映画はホラーというより、内戦という過酷な状況下に隔離された孤児院という場所で、懸命に生きようとする身寄りの無い少年たちのお話です。カルロスやカルロスと友情を育む少年たちの純真さに対して、出てくる大人たちは、みんな満たされない何かを抱えてドロドロしています。活動家だった為に片足を失い今は孤児院の院長を務める『オール・アバウト・マイ・マザー 』のマリサ・パレデス、この孤児院のOBで院長の欲望の相手をする腹黒い管理人『バンテージ・ポイント』のエドゥアルド・ノリエガ、院長に恋心を抱く老医師のフェデリコ・ルッピがこの映画に深みを与えます。ギレルモ・デル・トロ監督はこの『デビルズ・バックボーン』が監督作3本目にして、やっと満足できる映画が撮れた。と言っているそうです。友達の「おもしろかったよ〜」の意見もあり、ちょっと期待し過ぎて観てしまいましたが、この監督の持ち味の世界観が満喫できて、「がんばる子供たち」が健気でカワイイ、ダークな映画です(たれ目のカルロスのおびえる顔は不謹慎ですが、すごいカワイイ)。このカルロスしかり『パンズ・ラビリンス』のオフェリアしかり、この監督は過酷な状況下で強く生きる子供、特に子供の目線や子供の世界を描くのが上手い。数年前から噂になっている「ギレルモ・デル・トロ監督が、大友克洋の漫画「童夢」の映画化を手がけるらしい…。」という話、どうなってるんですかね? これも子供が主人公なので是非、ギレルモ・デル・トロ監督作で観たい!! 同じく大友克洋の漫画「AKIRA」はレオナルド・ディカプリオがプロデューサーとして参加しての実写化が決定してます。鉄男を『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン・レヴィットが演じるなんていうウワサもありましたが、こちらもどうなってるのかな?(2004年公開作品/原題 El Espinazo del Diablo)

星は4つ。★★★★☆
[PR]
by aiko_kiz | 2009-07-13 15:38 | HORROR



主に「映画のおはなし」と時々「にがおえ」 Blah! Blah! Blah!
by aiko_kiz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
★ILLUSTRATION 
ACTION
ANIMATION
BOOK
CRIME
COMEDY
DOCUMENTARY
DRAMA
etc...
FANTASY
HORROR
MONTY PYTHON
MUSICAL
ROMANCE
SF
SUSPENSE
TITLE SEQUENCE
WAR
WESTERN
ZOMBIE&VAMPIRE
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2001年 01月
検索
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧